blogイベントフィレンツェ

フィレンツェライトアップ “F-LIGHT” 2017年版

フィレンツェ ライトアップ 

フィレンツェ各所でライトアップF-LIGHT2017があります。

今年もクリスマスが近づいています。フィレンツェの通りではイルミネーションで飾られ、冬の長い夜を楽しませてくれています。

12月8日の無原罪の御宿りの日(聖母マリアがイエスを宿した日)、フィレンツェ大聖堂前の大きなクリスマスツリーのイルミネーションも点灯、キリスト教のクリスマスシーズンに入ります。

それに合わせて12月8日から翌2018年1月7日までライトアップ

しかも普通に綺麗にライトアップするだけではなく、凝った映像作品や、俳句の投影、子供たちの絵、アーティステックなもの、場所によって色々ですので、ずっと住んでいる住人も「また今年も観光客用か。」とは思わずに、「今年も面白いな、あっちのとは違うな。」と、ささやかな楽しみになります。

 

例えば、上の写真は去年のサント・スピリト教会でのライトアップ。

毎年地域の学校に通う子供たちの絵が投影されています。描いた子は自分の絵が投影されているのが見つかるとうれしいでしょうね。記念撮影は必須!

この下の写真は、国立図書館。

(2016年)

 

フィレンツェ国立図書館

 

ここは、投影はなく、ものすごく強い光が当たっていたんです。写真だと分かりにくいですが、爛々と輝いていました。前ブログにその事を書いてましたので、そこから抜粋すると、

 

“今年は1966年のアルノ川大氾濫から50周年にあたり、そのメモリアルのイベントが大小多く催されました。

大変な量の文化遺産、美術品が汚れた水に浸かり、甚大な被害をもたらしたわけですが、ここ国立図書館も膨大な歴史的な書籍が水に浸かってしまいました。

その書籍を救うべく、世界各国から助けにきてくれた人たちがいました。

そして、停電状態のフィレンツェで活動する彼らを川向いのミケランジェロ広場から軍用のライトで照らしたのでした。

その記憶を留めるべく、このクリスマスの時期と合わせてのライティングだったのですね。”

このように、ライティング自体シンプルでも意味が深いものもありました。

 

ヴェッキオ橋のライティング。

(2016年)

ヴェッキオ橋 ライティング

 

霧が濃い日だったので、ライトが橋まで届いていない!という珍しい日でした。

こちらも前ブログでふれていまます。→無料公開と霧

 

2017年のフィレンツェライティングスポットはこちら。

  • アルノルフォの塔、ヴェッキオ宮殿 18.00-1.00
  • ヴェッキオ橋 18.00-24.00
  • 商工会議所 (1月11日まで)18.00-24.00
  • イノシシの新市場 20.30-24.00
  • サント・スピリト教会 18.00-24.00
  • サン・ロレンツォ教会 18.00-24.00
  • メディチ・リッカルディ宮殿のミケロッツォの中庭 18.00-24.00
  • 中央市場 毎日
  • ラ・リナシェンテ 毎日
  • 900美術館アドリアン・パーチ展 毎日
  • サン・ニッコロの塔 18.00-24.00
  • オーロ広場、ギャラリーホテルアート 18.00-24.00
  • ゼッカの塔、ポルタ・ロマーナ、ポルタ・アル・プラート 毎日

 

商工会議所の建物は、ずっと修復改修工事中だったのがお披露目。アルノ川沿いのPiazza dei Giudici, 3が所在地です。

イノシシの新市場は、有名なブロンズ製イノシシの像があるところです。ちょっと遅めにスタートするのは中に並んでいる屋台が撤去してからだと思われます。毎朝、毎晩、あの重そうな屋台を移動させているんです。撤去後の床面への投影のようです。時間が遅めなので私はまだ見た事がありません。

 

詳しくは公式サイトをご覧ください。

 F-LIGHT 2017

 


私事なんですが、うちの子の通う小学校が祝日でも何でもない木曜日の今日、12月7日はお休み。

よく飛び石で祝日があると、例えば木曜日が祭日の時、金曜日は橋をかけて(ポンテって言います)連休にしちゃいます。でも今年の祝日12月8日がたまたま金曜日なので、もともと3連休。普通はそこで連休だ!と喜ぶところ、どうも不満だったらしいですよっ!!4連休じゃなきゃ嫌!!!みたいな。

そんな訳で、木曜日から連休入りましたー。泣

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)