blogフィレンツェ日常

花咲くフィレンツェ散歩・バルディーニ庭園とバラ、アヤメ庭園

フィレンツェ 藤 バルディーニ庭園

4月25日は、イタリアのFesta della liberazione 解放記念日です。

第二次世界大戦の終わり、パルティジャーニがファシズムからの解放を宣言した記念日。

いいお天気だったので、散歩に行ってきました。

でも、これは気軽な散歩ではなく、ミッションを帯びた散歩!なんです。

なぜならば、毎年逃し続け、毎年過ぎてからハタと気づいて「来年こそは!」とリベンジを誓って、そして、恒例のように翌年も逃す、藤棚トンネルの花見。(気合いが入り過ぎて、普段使わない色文字まで使ってます。)

 

バルディーニ庭園の藤棚

近年修復が終わって公開されているバロック様式の庭園、バルディーニ庭園。

ボーボリ庭園(ピッティ宮殿裏)と同じチケットで入れます。

ここはフィレンツェの住人(要住民登録)であればガイドでなくても無料で入れるので、特に花の美しい春は地元民も多く訪れ賑わいます。

 

この庭園には、美しい藤棚があります。

藤棚 フィレンツェ バルディーニ庭園

 

今日は満開!

毎年逃した花見、ついに!!

写真では伝わらない、いい香りが充満しています。

 

みんなここで立ち止まるので、麦わら帽子を被ったおじいさんとか、やたら背の高い女性とか、携帯で写真を撮りっこしてるカップルとかが、必ず写真に入り込みます。

そんな人を避けて、花だけの写真を撮ったら、

フィレンツェ 藤 バルディーニ庭園

 

この写真になった訳です。

ちょっとモネっぽい。

薄いピンク色と、濃い紫色と、白と紫色の数種類があります。綺麗なグラデーション。

 

花が散った後、同じ場所の夏はこんな感じ。

バルディーニ庭園 藤棚

 

これもこれで、美しいですね。

 

本日はとても良い天気でしたので、この藤棚から見る大聖堂のクーポラもいい感じでした。

バルディーニ庭園 大聖堂 クーポラ

 

ここは結構高い場所です。

この庭園を下の方から見ると、こんな。

 

バルディーニ庭園

 

段々畑っぽい急斜面です。

 

 

バラ庭園

せっかくのよいお天気だったので、上にある出口からベルヴェデーレ通りを通って一旦降りて、ミケランジェロ広場近くのバラ庭園にも行ってみました。

まだ蕾が多くてバラの花は多くはなく、今日のところ写真は撮りませんでしたが、もう少しするとこんな感じになります。

 

フィレンツェ バラ庭園

 

 

サン・サルバトーレ・アル・モンテ教会

バラ庭園の上の出口からすぐがミケランジェロ広場です。そこを更にちょっと上るとサン・サルバトーレ・アル・モンテ教会です。

サン・サルヴァトーレ・アル・モンテ教会

 

イル・クローナカ設計のルネサンス様式。

サン・サルバトーレ・アル・モンテ教会 

 

 

中はひんやりと涼しく、その奥にある磔刑像が、すでに夏に感じさせるような強い光を浴びて、

磔刑像 サン・サルバトーレ・アル・モンテ

カラヴァッジョを思い起こさせるような、陰影を作り出していました。

 

 

サン・ミニアート・アル・モンテ教会

更にそのお隣には、サン・ミニアート・アル・モンテ教会。

サン・ミニアート・アル・モンテ教会 ファサード

 

ここから見える景色も素晴らしいです。

 

フィレンツェ サン・ミニアート・アル・モンテ教会より

 

風がふわーっと吹いて、まだまだ直射日光下でも生命の危険を感じない、心地いい良い季節です。

 

ここまでせっかく来たのだからと、教会に入ろうとして、入り口の係りの人に止められました。

そこでやっと気づいたのは、「あ、ノースリーブでスカーフも持ってない。」

いきなり暑くなる時期、ありがちな油断。

仕事でもなく散歩だったもので、普通の格好でなるべく荷物少なめで家を出たのが、教会に入れないスタイルだったんですね、。

きっと、今日はそんな人が大勢いた事でしょう、。暑い!と思って今年初のノースリーブで出かけて教会に入れなかった人。

 

サン・サルバトーレ・アル・モンテ教会には入ってしまっていましたが、そちらは誰もいなかったので、止められなかっただけです。

 

 

アヤメ庭園

散歩を続けます。

教会から下りて、ミケランジェロ広場の東側にあるのがアヤメ庭園。

バラ庭園の方は通年開いていますが、こちらはアヤメの咲くこの時期だけ開園。

まだこちらも花の満開よりも早い時期だったので、蕾が多かったです。

それでも、ちらほらと美しい大きなアヤメの花を楽しむ事ができました

アヤメ庭園

 

沢山の種類がありすぎて、何が何だか分かりません。開園期間中はガイドツアーもあるみたいです。

う〜ん、多分説明を聞いても花の種類は多過ぎて分からない気がする!

 

アヤメ庭園

 

花一株ごとに札が付いていて、学名なんだか通称名なんだかもうそこからして意味不明なほどの名前がずらずらとあります。

この写真に入っているのは一部なので、実際はもっともっといーーーーーーっぱいあります。

 

庭園の一番低いところまでゆくと、池があります。

アヤメ庭園

 

水の中にも沢山鉢植えが設置してあります。水の中から生えてくるアヤメみたいです。

 

この庭園、唯一の難点は、ここまで下りて来ても出口はないっていう点です。

かなり高低差があるのですが、入り口までまた坂道を登ってゆかなくてはなりません。

 

結構疲れます。。

結構ハードな散歩になってしまいました。

 

家までまた歩いて帰るのにはお疲れの本日のお供、うちの子、「ジェラートを食べようか?」の一言でいきなり元気に。魔法の言葉。

本当は今日遊ぶ予定だった友達との予定が延期になり、来週の月曜の約束になってしまいました、その時はここでピクニックをしたいそうです。バラ庭園はあっちこっちに人がゴロゴロしていますが、アヤメ庭園の方はもう少し空いているので、良さそうです。

あ、来週の月曜日はイタリアでは平日ですが、メーデーが火曜日なので土日と繋げて4連休になります。学校によっては明日明後日もついでに休みにして、今日から丸々1週間休みになるところもあります。

いやはや、。。

 

・関連ページ・

ミケランジェロ広場とその周辺 Piazzale Michelangelo

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)