blogイベントニュースフィレンツェ

フィレンツェにスチューデントホテルオープン

スチューデントホテル フィレンツェ

フィレンツェ に、新しい巨大なホテル、「ザ・スチューデントホテル」がオープン。

ずっと工事をしていたのがようやく完成。オープンはつい先週のこと。

スチューデントホテルなんですけれども、別にスチューデントでなくても泊まれます。

Home Page

 

オープニング、きっちりイベントに合わせきた!

というほど、現在イベント盛りだくさんのフィレンツェ 。

ピッティ・ウオーモ、Firenze Rocks、フィレンツェ マラソン、、まだ他に大小様々なイベントが目白押しのこの時期。

 

 

特にバッソ要塞でのイベントを狙ってる?

なぜならば、とってもバッソ要塞に近い。

場所はVia Lavagniniの要塞側。

バッソ要塞は展示会やイベントごとにしょっちゅう使われます。

中心地からは幹線道路を挟んで、若干はみ出ているけれども、悪くないロケーション。サンタ・マリア・ノヴェッラ駅からも、スーツケースが重たくなければ歩ける距離です。

 

 

宿泊

3種類ゲストの種類があるようで、

  • ホテルゲスト(一般客で1泊からok)
  • スチューデントホテルゲスト(4〜12ヶ月滞在)
  • ショートステイ(2週間から12ヶ月滞在)

ざっと見てみたら、スチューデントホテルゲストだと1ヶ月あたり1200ユーロちょっと。12ヶ月だと安くなって一月1100ユーロくらい。wifi、クイーンサイズベッド、プライベートバスルーム付きの個室15〜22㎡くらい、TV、シェアキッチン、そして自転車付きの部屋もあるのが面白い。確かに学生には必需品。

ブッキングのページではホテルゲストとショートステイの違いがよく分からなかったのだけれど、適当に10月12日〜11月2日で検索してみたら、836.22ユーロと1114.89ユーロの2種類の部屋が出てきました。

10月12日から一泊だけだと、120.11ユーロのシングルルームから261.41のファミリールームまで。オプションで朝食付きにもできます。

 

コワーキングスペース

wifi、プロジェクター、マイク、LCDスクリーン、プリンター、スキャナー、フリップチャート、完備。

有料駐車場もあるので、くっそめんどくさい駐車場探しの必要なし。

イベント関連の仕事でやって来た人にもよさそう。

 

 

屋上プール、フィットネスエリア

写真で見ると、屋上プールはちょっと小さめだけれども、新しいし綺麗で気持ち良さそうです。

宿泊者は使えるみたいです。

他にもフィットネスエリア、ラウンジ、ゲームエリアなどの利用可。

 

 

スチューデントホテルの宣伝?

では、決してありません。むしろ、こちらでご紹介いている方にご宿泊いただけたら、友人としてうれしいです。

→ 旅のinfo

 

今回ご紹介したスチューデントホテルはヨーロッパ中にあるので画一的なデザインで、フィレンツェ をあまり感じないかもしれないですし、趣味に合わないという方もいることでしょう。

でも、選択肢が増えるのはいいですね。

特にピッティの時期なんてホテルはどこも埋まってしまいますので、便利になります。

 

 

この時期のイベント、、

イベント終了後、本日深夜、駅前のタクシー乗り場でひたすらタクシー待ちをしつつ、なかなか来なくて諦めて雑魚寝状態の観客がかなりいたようです。ニュースで見ました。
ちゃんと交通手段を考えてからイベントに参加しよう!ホテル利用も考えよう!

シチリアとかナポリからもこのコンサートの為に来ている人たちもいます。開催される公園の端っこにキャンピングカーも沢山出現。夏休みの旅行を兼ねてるのかな?

去年の様子 → フィレンツェ でロック!SYSTEM OF A DOWN

 

ファッション界で知らぬ人はいない、というイベント。定期的にやってます。どんなに暑い日でも街の中にビシッと決めた人が出現する期間。

 

そろそろスタートしているかも。夜に走り出します。

家族向けの4kmコースと、通常の10kmコース。

ユネスコ世界遺産の街の中、夜景を楽しみながら走るのもなかなかのものですね。

今後、コースの長さも色々に予定がされています。

今年の42.195kmのフルマラソンは、11月25日です。

申し込みは公式HPより。

 

ふと気づいたら、今日でした。6月16日。

先日ピサに行ったら、白い窓枠みたいなのが街のいたるところに取り付けている最中でしたが、そこに電灯をくっつけて、きれいなライトアップをするためのものでした。

 

 

 

この記事へのコメント

【コメントの投稿の仕方について】

   このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
  アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。(入力したアドレスはコメント投稿に表示されません。)