blogニュースフィレンツェ

入館料とチケット体系の変更-2018年3月より : ウフィツィ美術館・ピッティ宮殿

ウフィツィ美術館

 

ウフィツィ美術館の料金体系が変わるという発表は前からありました。こちらはその詳細です。

(追記・この記事を書いた時期に発表されたPDFファイルを参照していますが、オフィシャルで変更がありましたので2017年11月現在のオフィシャルページリンクNew ticket prices from 1 March 2018を下に追加しました。記事には若干の修正をしています。)

infografica biglietti in italiano

New ticket prices from 1 March 2018

 

上記1つ目のリンクより開くPDFファイルのページごとに、日本語で補足を交えてご説明します。


 

1ページ目 – 年間パスの案内です。これは一足早く2017年9月1日より。

 

  • Giardino di Boboli ボーボリ庭園  25ユーロ
  • Palazzo Pitti ピッティ宮殿     35ユーロ
  • Gli Uffizi ウフィツィ美術館     50ユーロ
  • Gallerie degli Uffizi(ウフィツィ美術館とピッティ宮殿、ボーボリ庭園を含む全て) 70ユーロ

 

最後のGallerie degli Uffizi は、Galleria degli Uffizi(ウッフィツィ美術館)だけでなく、ピッティ宮殿とボーボリ庭園が入ります。近年共に国立美術館であっても個別に管理されてたものが一つのグループになりましたので、イタリア語のギャラリーを意味するGalleriaが単数形だったものが、複数形のGallerieと語尾が変わっています。

ピッティ宮殿の方も今年になってから、内部の美術館とボーボリ庭園とチケット体系がかわりましたので、こちらのページをご参照ください。

ピッティ宮殿(パラティーナ美術館等) Palazzo Pitti

これらの年間パスの魅力的なところは、どれも優先入館が可能という事です。長期滞在で何回か訪れたい方、もしくは年に何回かいらっしゃる方、在住で月に一回の無料の日に行けるけれども列に並ぶのは大変、という方にもおすすめ。

本当の事を言うと、Amici dei Musei Fiorentini の会員になった方が、フィレンツェにある国立の美術館全てに無料で優先的に入れるのでお得なんです。(年間70ユーロ。30歳以下は30ユーロ)でも今年既に会員になっている場合はまだ有効かと思われますが、来年からはどうなるかわからないので、問い合わせる必要があります。

他にもAmici del Bargelloという協会のカード(年間16ユーロから25ユーロまで最終的に値上がりしていました)でも同様に国立美術館に無料で入れましたが、美術館の管理体系の変更によりバルジェッロ美術館でのみ有効になってしまいました。Amici degli Uffizi、Amici del Palazzo Pittiも同様。

美術館無料という事だけを考えず、それぞれの協会が企画するイベントや講演会、特典を見ればまだまだ利用価値はありそうです。

 

 

話が逸れました。

 


 

二ページ目 – 入館料いろいろ

今まで特別展が開催される時のみ、ベースの入館料に加えてプラスの料金でしたが、それが変動なしの一律になります。
こちらの表記では4ユーロの予約料抜きの料金です。

 

  • ウフィツィ美術館  12ユーロ / 20ユーロ 
  • ピッティ宮殿    10ユーロ/ 16ユーロ (5ユーロ/ 8ユーロ)
  • ボーボリ庭園     6ユーロ/ 10ユーロ
  • 上記全ての共通券   18ユーロ/ 38ユーロ

 

さて、ここで、バリエーションに富む料金が出現しましたが、これは変動なしの料金であっても、観光ローシーズン(11月1日から翌年2月28日までの冬季)であれば割引があるからです。「 / 」の印より前の金額がそれです。

ピッティ宮殿には鉤括弧内の料金も付け加えられています。これは、早朝割引です。8時15分から8時59分までにチケットを購入し、9時25分までに入館した場合にこの50%引きの恩恵が受けられます。確かに、朝早くからはハイシーズンでもあまり混まない場所ですので、そこを狙っているのでしょう。新館長さんになってからピッティ宮殿のプロモーションに力を入れるという事は聞いていましたが、がんばっていますね。

そして、最後の共通券、合計金額なのであまりお得感がないように見えますが(訂正・足し算を間違えました、。お得です!)、条件が「3日間有効、入館は各美術館一回のみ、優先入館付き」。最後の優先入館が、かなりの魅力です。予約をしないでも優先入館です。時間指定をあらかじめしないで済み、予約料4ユーロがなしです。

 


 

三ページ目 – 2018年2月までの入館料

左の料金はベース。右は企画展が開催される時のもの。

 


 

という事で、今までとはちょっと違った形で選択肢が増える事になりました。

Firenze Cardも優先入館の特典がありますので、用途に合わせてお使いください。あと、チケット購入の際は公式ページで料金や条件の確認をお願いします。

 

フィレンツェカードや、美術館チケット購入公式ページのご案内はこちら。

旅のInfo

 

 

この記事へのコメント

【コメントの投稿の仕方について】

   このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
  アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。(入力したアドレスはコメント投稿に表示されません。)