サンタ・トリニタ教会 Basilica di Santa Trinita

サンタ・トリニタ教会

 

サンタ・トリニタ教会、

ブランドショップの並ぶトルナブオーニ通り、フェラガモ本店の向かいに位置します。

右翼廊にあるサッセッティ礼拝堂のフレスコ画はギルランダーイオによるものです。本当はサンタ・マリア・ノヴェッラ教会に寄進したかった注文主のフランチェスコ・サッセッティ、故あって(下記の作品解説参照)こちらなりました。中央に置かれた板絵も同じくギルランダーイオの手によるもの。

ロレンツォ・モナコの現存する唯一のフレスコ画や、天才デジデーリオ・ダ・セッティンニャーノの木彫マグダラのマリア、等、無料で入れるのが不思議な程です。

その他に教会の成り立ちに関係した構造物も興味深いです。そのうちの一つ、クリプタに近年入る事ができるようになりました。


所在地

Piazza di Santa Trinita

公開時間

月-日 7:00-12:00/16:00-19:00

*宗教行事などで予告なく閉まる事もあります。

フィレンツェ大司教区のオフィシャルサイト

Arcidiocesi di Firenze


サンタ・トリニタ教会 ファサード

ブオンタレンティ設計のファサード。16世紀、マニエリスム様式です。彫刻家カッチーニのレリーフ、ピエタはファサード中央に(半分影になっているところ)。

ネーリ・ディ・ビッチ

ネーリ・ディ・ビッチの聖ジョヴァンニ・グアルベルトとヴァッロンブロザーノの修道士たち。近くのサン・パンクラツィオ教会(現在はマリノ・マリーニ美術館)の中庭にあったもがサンタ・トリニタ教会の左身廊にあります。

デジデーリオ・ダ・セッティニャーノ

夭折の天才、デジデーリオ・ダ・セッティニャーノの代表作のひとつ、マグダラのマリア。左身廊一番奥の祭壇にあります。

ギルランダーイオ adrazione dei pastori

サッセッティ礼拝堂にあるドメニコ・ギルランダーイオの板絵、羊飼いたちの礼拝。

サッセッティ礼拝堂

サッセッティ礼拝堂全体。ドメニコ・ギルランダーイオのフレスコ画に板絵。注文者のフランチェスコ・サッセッティは自らの名前にちなんで聖フランチェスコの物語を当初、ドメニコ会の教会であるサンタ・マリア・ノヴェッラ教会に描かせることを提案します。聖フランチェスコを戴くフランチェスコ会と聖ドメニコのドメニコ会は違いますので、当然提案は拒否され、ここフランチェスコ会のサンタ・トリニタ教会でこのテーマの作品が実現されました。

ファサード内側

ファサードの裏側。この教会が拡張される前のファサードをまだ見ることができます。薔薇窓の位置もズレました。

クリプタ

近年一般公開されたクリプタ。教会が拡張される前の小さなサイズを残しています。フィレンツェ大聖堂の"Triconca三枚貝"と呼ばれる特殊な後陣プランと同じ形をしています。コインを入れると照明が点いて中の様子が分かるようになっています。

エンポリ

左身廊一番手前のストロッツィ家礼拝堂。そこにあるのはヤコポ・キメンティエンポリor レンポリL'Empoli)の受胎告知。