blogイタリア旅行

ミラノ大聖堂とNIKEべナッシ

ナイキ ベナッシ モデル撮影

最近ミラノに行って来ました。

パラッツォ・レアーレで開催中のカラヴァッジョ展Dentro Caravaggioにどうしても行きたかったもので。展示会場内部は撮影禁止でしたので、あっさりとこの記事の下の方にその様子を書きました。

そんな理由で、今回は旅の順序が反対からになります。

 

 

最後の買い食いのシーンからスタート。

カラヴァッジョ展を観て、大聖堂にも行って、さー帰る前にLuiniのパンツェロットでも食べよう、とヴィットーリオ・エマヌエレ二世のガッレリーアを通りがかったら、、、

 

 

ナイキ ベナッシ モデル撮影

 

 

あら、何かの撮影中。

モデルさんってやっぱり綺麗!

 

と、回り込んで横から見たら、

 

 

ナイキ ベナッシ モデル撮影

 

 

あ、サンダル!寒そう!!

じゃなくて、うん、流行のファッションですね。ナイキ、ベナッシ。

フィレンツェっていう観光地で保守的でもある場所に住んでると、これを履いているのはアジア系の観光客しかいないような感じがするのは気のせいかな?

グッチの毛皮付きスリッポンも去年あたり特にちょくちょく履いている人を見たような。こちらはたまーにおしゃれなイタリア人も履いているのを見ました。でもグッチも毛皮使わない宣言をしたから無くなるんでしょうか?

昔、うちの子がまだ抱っこ紐に収まっていた時代、ふと気づくと靴下が脱げていて、どうせすぐ脱げるならなしでいいか、、とそのままにしていたら、よくその辺にいるおばあちゃん、おばちゃんに「足から冷えちゃうから、靴下履かせてあげなね。」とよく言わてました。6月の暑い時期の夕方、まだ暑いなーっていう気温なのに、。なので、そんな人たちにこのファッションは不可なのではないか、と思います、というか、私が寒がりなので長袖に時期に入るともうサンダルは無理です。笑

 

 

 

さて、ミラノといえば、ミラノ大聖堂。

久しぶりに入りました。って、相当久しぶりです。前は大聖堂の中だけしか時間の都合上入れなかったので、今回はフルです。リベンジ。大聖堂美術館にも入りました。

フィレンツェガイドが、ミラノの主要な観光スポットにとやかく言うつもりは全くないので、気に入ったところだけをフォーカス。フォーカスする目が魚眼レンズのような歪みっぷりで参ります。

 

 

ミラノ大聖堂 つんつん

 

 

 

やっぱり、高いところが好き。

この、ツンツン、近くに寄れて、とっても幸せ。

超ゴシック。イタリア的な超ゴシック。フィレンツェにはないこんな派手なフライングバットレス、1セットでいいから持って帰りたい。エジプトからでっかいオベリスクやギリシャから神殿のでっかいパーツやらを自国へ持ち帰った人たちの気持ちが分からないでもないです。(でもやっちゃダメ)

このツンツン、うちのフィレンツェ人はその昔、ミラノ人をからかって「あ、アスパラガス大聖堂?」って言ったらしいです。

 

ミラノ大聖堂 ガーゴイル

 

 

ガーゴイルすてきーーー!

 

 

 

ミラノ大聖堂 フライングバットレス 装飾

 

 

こういった突起を見ると、宮崎駿のラピュタをなんとなく思い出してしまいます。あのお釜の下に出てくる突起とか、そんな感じがしません???

チヴィタ : 「ラピュタは本当にあったんだ!」

これはフライングバットレスの一部です。この突起は構造上の意味はあまりないと思われますが、そこをしっかり手を抜かずに装飾しているあたりが良いですね。

 

 

 

 

細部を見れば見るほど、本当にすごいなー、と思う事しきり。

 

ミラ大聖堂 フライングバットレス 彫刻

 

 

植物モチーフの装飾かと思いきや、人の顔になってたり。しかも全部違う。

 

こっちも。

 

ミラノ大聖堂 ツンツン細部

 

 

この、ほにゃほにゃのレタスみたいな波ライン、いいですね。

 

 

 

 

 

そして、最後にカラヴァッジョ展。

これはやっぱり人気です。予約しないと大行列で大変!と事前に聞いていて、実際に行った平日昼間でも予約者専用レーンも予約なしレーンにも列!今回は裏技(秘密。)を使って並ばずに入れました。運が良かった。。。

写真撮影は禁止でしたので、ここで紹介するのはちょっと難しいです。展示方法が一長一短ではあるものの、ゆっくりと時間をかけて見ることができます。ウフィツィ美術館からも”イサクの犠牲”が貸し出されていますし、この間行ったナポリのカポディモンテ美術館で見れなかった作品もこちらにありました。

ナポリの建物、廃墟っぽかったりもあり、そこが良い。

一長の部分は、オーディオガイド。チケットとセットで必ず貸してくれます。イタリア語と英語のみですが、簡潔で丁寧です。かつ、作品ごとに使われたテクニックやそれを元に制作年代を推測しているのが説明されていて分かりやすい。展示方法も、パネルに作品が一枚ずつかかっていて、その裏に回り込むとX線写真や拡大写真やらをモニターで見ることができます。

一短のところは、オーディオガイドがあると、それを聴いてしまうばかりで周りの事を気にせずに、一つの作品のど真ん中のど真ん前のすごい至近距離で止まったまま動かない人が結構いる事。作品が見えない!!

めげずに、他の作品を先に見てから戻ったりしつつ、結局2時間半以上展示会場にいました。うれしいお腹いっぱい状態。その後に教会巡りとか、実はまだ行った事がないアンブロジアーナ絵画館(カラヴァッジョのカネストラ果物かごがあります)にでも行こうと思っていたけれども、大人しくお隣の大聖堂に行った訳でした。

 

ミラノに行くならこの展覧会はおすすめです。会期は2018年1月28日まで。

 

 

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)