blogニュースフィレンツェ

ヴァザーリの回廊2020年オープンの見通し

ヴァザーリの回廊 オープン

2018年11月12日のニュースです。(写真LA NAZIONE Firenzeより)

ウフィツィ美術館の館長Eike Schmidtが明日13日よりピッティ宮殿にて開催予定の’Fragili tesori dei principì展’についての話の最中に、現在非公開になっているヴァザーリの回廊についてコメントがありました。

“公示にもよるが、順調であれば2020年に公開できるだろう”との事です。
7〜800万ユーロの資金が必要で、公開されるとチケットは2種類になる予定。その一つは”Percorso del principe”(君主のルート)で、ヴェッキオ宮殿からウフィツィ美術館、ヴェッキオ橋の上の回廊を通りピッティ宮殿、ボーボリ庭園、更にベルヴェデーレ要塞までという行程です。
その全ての場所にある美術館の鑑賞も含めると、とても時間のかかるコースになってしまうので、それを短くしてウフィツィ美術館の一部であるAuditorium Vasari(第三廊下の地上階にある部屋)から入る短いコースも予定されています。

 

今回の発表では、旧ヴァザーリの回廊コースに展示されていた自画像コレクションについては特に触れられませんでしたが、どこに展示されるようになるのか気になるところです。
上の写真のGiovanni da San Giovanniの自画像も長い事日の目を浴びずにいますし、。

ともあれ、過去のヴァザーリの回廊見学はその一部のみでしたので、ヴェッキオ宮殿から出発して、ボーボリ庭園へ抜けられるヴァザーリの回廊全コースがついに実現するのは嬉しいかぎり。ベルヴェデーレ要塞まで行くのはボーボリ庭園の上り坂がかなりきついので、行き着く人がいるのかどうか怪しいですけれどもね。

ヴェッキオ宮殿からウフィツィ美術館への短い回廊が公開されていた時期の記事はこちら↓

ヴァザーリの回廊の一部がオープン!: 特別ツアー開始

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)