アカデミア美術館 Galleria dell’Accademia

アカデミア美術館 ダヴィデ

ミケランジェロのダビデ像のオリジナルが、ここアカデミア美術館にあります。

若きミケランジェロの代表作、ダヴィデ像が置かれたアカデミア美術館の展示室は、特別にエミリオ・デ・ファブリスによって設計されました。遠くからも近くからも、一周回っても鑑賞することができる空間は教会の身廊を模しています。

ミケランジェロの作品は他に、教皇ジュリオ2世の霊廟の為に制作され完成を見なかった奴隷像群があります。ミケランジェロが「墓の悲劇」と呼んだその仕事の一部です。

ダビデ像のある場所として鑑賞者の絶える事がありませんが、ゴシック期の絵画コレクション、石膏原型コレクション(バルトリーニ・パンパローニ等)、ミケランジェロに影響を受けた芸術家による作品なども豊富にあります。

また、楽器美術館も併設されており、同じチケットで入る事ができます。メディチ、ロレーヌのコレクションがケルビーニ音楽院に渡り、それが2001年より公開されています。メディチの紋章入りの世界で唯一の原型を保ったストラディバリウス、そのメディチ家の為に発明されたピアノなど、貴重なコレクション50点が見られます。


所在地

Via Ricasoli, 58/60

開館時間

火-日 8:15-18:50

休館日

月曜日、1月1日、5月1日、12月25日

まれに職員の会合やストライキなど臨時で閉まる事があります。

入館料

8ユーロ(18歳以下無料)、特別展示の際は料金が上がります。

予約料はプラス4ユーロ、18歳以下での予約料は必要です。(観光ローシンズンの平日は予約なしでも時間帯によりスムーズに入館できる場合が多いです。観光ハイシーズンは予約していても30分程待たされる事があります。)

所要時間

1〜2時間

アカデミア美術館オフィシャルページ 

-Galleria dell'Accademia di Firenze-

アカデミア美術館チケット予約購入公式ページ (英語・伊語)

-The ticketing officiale website for state florentine museums-

 

アカデミア美術館◆1.5時間ツアー(予約チケット込み)

ミケランジェロツアー 

ジョヴァンニ・ダ・ミラーノ

ジョヴァンニ・ダ・ミラノ作、ピエタ。ゴシック時代のフィレンツェに新しい感情表現の要素を持ち込んだ画家による作品、マリアと福音記者ヨハネがキリストの死に涙を流しているのが近くで見ると分かります。

 

ミケランジェロ 奴隷 アトランテ

ローマ教皇ジュリオ二世(ユリウス二世)の霊廟の為に制作され、未完のままに終わったミケランジェロの奴隷像群の一体、アトランテ。現在ローマのサン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会にある霊廟は当初の計画から何回も変更され、かなり小さくなっています。使われなかった奴隷像のうち4体がアカデミア美術館にはあります。

 

タッデーオ・ガッディ フォルメッレ

ジョットの弟子、タッデーオ・ガッディによる沢山のパネル作品。サンタ・クローチェ教会の聖具室にあったもので、おそらく聖遺物を入れる為の木製の家具を飾っていたものであろうと考えられています。

 

奴隷 ミケランジェロ バルブート

ミケランジェロの奴隷像の一つ、バルブート髭の男)。ミケランジェロは自らの手で最後まで石を彫って作品を完成させます。これは未完ですが、テクニックの一つでもあるノミ跡の残る作り方で、その様子が作品の表面に見られます。

ダビデ アカデミア美術館

アカデミア美術館にはミケランジェロのオリジナル作品、ダヴィデ像があります。この作品をよく鑑賞するために設計された空間です。建築家エミリオ・デ・ファブリスはフィレンツェ大聖堂のファサードもデザインしています。

 

カッソーネ アディマーリ

マザッチョの弟、ロ・スケッジャというあだ名のジョヴァンニ・ディ・セル・ジョヴァンニの作品。"長持ち"という家具の一部と言われていましたが、横に長い椅子の背もたれ部分だと現在では考えられています。なので、Cassone Adimari カッソーネ・アディマーリと今でも呼ばれることの多いこの作品、カッソーネは長持ちを意味しています。アディマーリは15世紀あたりの有力な貴族の名前です。1400年代の貴族の婚姻の風景で、その当時の華やかな衣装や髪型などを伺うことができます。映画では史実に反する衣装を俳優が身につけることも多いですが、これは本物です。

 

ピエタ ロレンツォ・モナコ

二階にあるロレンツォ・モナコピエタ。キリスト受難のシンボルが沢山描きこまれています。

アカデミア美術館 2階

二階(イタリア式には一階)には豊富なゴシック絵画コレクションがあります。アカデミア美術館のあまり知られぬ一面です。

ストラディバリウス メディチ

世界で唯一現存する、オリジナルの姿のストラディヴァリウス。メディチ家の大公子フェルディナンドの為に制作されたもので、メディチの紋章が指板に見られます。これはヴィオラのテノールで、元々はクインテットを構成していました。アカデミア美術館入り口からすぐ右にある通路を通るとこのヴィオラのある楽器美術館に入れます。

 

ジャンボローニャ サビーネの略奪

アカデミア美術館の一番最初の部屋、コロッソの間。コロッソは巨像の意味で、部屋の真ん中にあるジャン・ボローニャ作のサビニ女の略奪にちなんで名付けられました。ランツィのロッジャにある大理石製の作品の原型です。完成品の大理石像は石工に作らせているのでこちらの原型がより彫刻家の手に近く、貴重な作品です。美術館奥にある石膏展示室も同様の事が言えます。