blogイベントフィレンツェ

あれ、見た事ある : 非公開のピッティ宮殿の区画

ピッティ宮殿 中国風シャンデリア

9月23、24日は、ヨーロピアン文化遺産DAYS、なんか違和感のある言い方ですが、Giornate Europee del Patrimonio 2017でした。

色々な美術館が夜遅くまでやっていたり、夜だけ1ユーロのみで入館できたり、いろいろイベントもありました。

 

その中で、ピッティ宮殿の中で普段は非公開になっているAppartamento dell Duchessa d’Aostaという最上階南側に位置する区画の見学ツアーがあったので行って来ました。

予約は特に必要なく、ちょっと早めに行って申し込みをし、集合場所で待っていると、「さあ、どうぞ。」と言われて出発。あれ、他に誰もいない?聞いたら参加者は私だけでした。そんな参加者1人に対して、係りの人は2人。ありがたや。

鍵で廊下にある扉を開けて入ると、こんな部屋。

 

 

アオスタ公女のアパート

 

わーお、ゴージャス!

これを普段公開してないって、まー、もったいない。

ここは建物の南側に位置して暖かいので、主に冬に使われた部屋です。なので、Quartiere da inverno 冬の区画、とも言われます。

この左側の部屋は、中国の間と言われる部屋。

 

中国製の本物は少ないのですが、中国趣味のフィレンツェで作られた家具などがあります。

その一つ、シャンデリア。これもフィレンツェで作られたもの。

 

アオスタ公女のアパート シャンデリア

 

わー素敵。

ん?これ見た事あるかも。と思って他にもこのシャンデリアのある部屋ありますか?と聞いたら、ここにしかない、との答え。

あれー、前に見た事絶対ある。写真にも撮ったし。

という写真がこれ。↓ 家に帰ってから探しました。

 

ピッティ宮殿 中国風シャンデリア

 

 

壁といい、天井といい、これは、、同じだ!

 

ここ、初めて入ったと勘違いしていたら、特別展示がある時はこのスペースを利用して展示に使ってるんですね。何度も来てました。笑

例えば、つい最近では時計の特別展示。

 

時計展 ピッティ宮殿

 

 

時計展 ピッティ宮殿

 

 

上の二つとも時計。とても精巧にできています。

この普段非公開の部屋にも、近代美術館側にもあらゆるところに時計があって、それらは全て現在も動いているという素晴らしいもの。

 

 

という訳で、この区画は初めてではなかったのですが、特別展示の時は展示品に目がいってしまうし、壁に展示用のパネルがあったりするので、今回はやっぱりアパートのみの見学ができてよかったです。

 

で、その中国の間でもう一つ、おやおや!?と思ったのがこちら。↓

 

 

アオスタ公女のアパート 南蛮漆器

 

写真ブレブレ!

部屋の角にありながら、存在感のあるかなり大きい漆器です。

係りの人に中国のものとして紹介されたのですが、これは日本じゃないか?とまず思いました。

この棚の上にも、重箱っぽい漆器が。

 

 

アオスタ公女のアパート 漆器

 

 

これらの漆器がすごく日本のものだと感じられる事と、もう一つ、記憶の隅からでてきた事がありました。

ガイドコースで日本人同級生が1人いたのですが、彼女が1600年代の美術史の時間に、とある日本語での資料を見つけて見せてくれたんです。その当時は試験勉強がメインだったので日本文化についてはあまり掘り下げずにさーっと目に通しただけだったのですが、なんとなく覚えていた「南蛮」という言葉から改めて検索をしたところ、出て来ました。

 

「南蛮の箱」と「枢機卿の帽子」

 

このリンク、興味のある方はぜひ読んでみてください。面白いです。よくある間違いだらけの日本語情報とは違います。

枢機卿の帽子って、すごーく説得力あります。

まさか、こんなところですっかり忘れてしまっていたこの南蛮の箱に出会えるとは。

入った事がないと勘違いしていたおかげで出会えました。よかったです。笑

 

 

 

この区画、面白いところがあといくつかあったので、またいつかご紹介します。きょうはこの辺りで、ではまた。

 

 

 

 

 

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)