blogイベントフィレンツェ

ストロッツィ宮殿で今日から! : フィレンツェ1500年代展

ストロッツィ宮殿 フィレンツェ1500年代展

 

今日から始まりました!

ストロッツィ宮殿で開催中の”IL CINQUECENTO A FIRENZE” フィレンツェ1500年代展。

宮殿の前をお昼に通り過ぎた時にすぐ入ろうかと思ったのですが、お腹が空いていたので、まず家に帰って食べて食後のコーヒーも飲み、体調を整えてから行きました。何であっても鑑賞するのには体調ってすごく大切だと思いませんか??

 

色々違った視点から見られるように工夫された展示の順番やら、、なによりも修復が終わった作品が見られるのが新鮮です。知ってるはずの彫刻作品がホコリや汚れが取り除かれていて、一瞬初めて見る作品かと思ってしまったりしました。

展示の構成としては、最初に話題の作品を持って来て、その後に続く部屋は何回来ても違う発見があるような、そういう意図もあるそうです。

 

目玉作品のうちの、ビック3。それが一番上の写真。

左からロッソ・フィオレンティーノポントルモブロンズィーノ

スターが勢揃い。この方達のおかげで私はフィレンツェに来た様なものです。特に真ん中のポントルモは最初にフィレンツェに来た時に、絶対見逃してはならん!と、ヴェッキオ橋すぐ近くのサンタ・フェリチタ教会に行って、ほー・・・と鑑賞していたのをよく覚えています。図版と本物はやっぱり違いますもんね。

で、今回はその本物が、よりオリジナルに近い本物なんです。修復が入ってます。汚れを落としたりの決してがっつりと手を加える訳ではない修復方法です。今までは板の上に油絵だと思われていたのが、テンペラ画だという事が判明しました。

私自身はテンペラ画を試した事がないので、正直実感を伴わない知識でしかないのですが、油絵とは違った不透明な質感の色をここまで繊細に描き出すってすごいです。物質感を伴わないこの絵画の人物、空間、玉虫色の衣服、タイツの様に張り付いたシャツ、十字架降下のシーンのようで十字架のない場所、パン(肉)の贈り物としてのキリスト、などなど、。

 

 

あと、ほっほっほ。来ました!このブロンズィーノ、はるばるフランスはブザンソンより!

ブザンソンってどこだ?という感じの場所で、一生行かないかもしれないなぁ、と思っていた場所の美術館からわざわざこちらへ来ていただいてしまっています。非常にうれしい。

ブロンズィーノも大学時代に図版で見たその陶器のように美しい肌の表現にぞっこんになり、というマニアな思い入れのある画家。日本では大学図書館くらいにしか図版がなかったのですが、イタリアではレオナルド・ダ・ヴィンチとかのビッグネームには負けつつも、決してマイナーではないです。でも比べる相手がビッグすぎるので、影ですね、。

この絵は元々ヴェッキオ宮殿のエレオノーラの礼拝堂にあったものですが、そこの置かれていたのはわずかな期間でこの絵を気に入ったカルロ5世の側近へ、コジモ1世がプレゼントしてしまいます。現在同じ場所に置かれている絵はコピーではなく、ブロンズィーノ本人が再び描いたオリジナルです。贅沢を言うと、両方並べて見たみたいですけどね。

 

 

ロッソの作品もヴォルテッラまで行かずとも鑑賞できる良い機会。なにより、この三つの作品が並んでいるというだけで、もう、素晴らしい。

 

 

この展覧会での作品についてはまだ調べなきゃならない事がいろいろありますが、まず第一印象は、「いいんじゃないかしら!」

カタログを買って来ました。

 

ストロッツィ宮殿 カタログ

 

ストロッツィ宮殿での展覧会のカタログは、結構好きです。一点一点かなり興味深い解説が付いています。

 

この手の展覧会カタログコレクション↓

 

ストロッツィ宮殿 カタログ

 

似た様なテーマや芸術家の作品の展覧会、左から2011-2012年のブロンズィーノ展、2014年のポントルモとロッソ展、と今回の。全部ストロッツィ宮殿のものです。

でもそれぞれに違うんです。今回も前の展覧会で展示されていたものとは違う作品が集められています。面白いところです。

 

 

あ、今日から開催、と書いていたのに12時を過ぎて嘘になっちゃいました。いけないいけない、おやすみなさい。

 

 

・・後日談・・

仕事の関係で、購入したカタログのPDF版をいただきました。データなのでタダ。でも、やっぱり私は印刷されたものが好きでです。データだと読みにくいし、書き込みにくいし、なにより部屋の中に本として存在する方が気になった時にすぐ出せるという利点がありますよね。と、物欲の言い訳。笑

 

この記事へのコメント

【コメントの投稿の仕方について】

   このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
  アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。(入力したアドレスはコメント投稿に表示されません。)