blogニュースフィレンツェ

ヴァザーリの回廊 ヴェッキオ宮殿〜ウフィツィ美術館 :期間限定オープン

投稿日: 更新日:2020-06-14
ヴァザーリの回廊 ヴェッキオ宮殿-ウフィツィ美術館

Facebookページで以前お知らせしていましたが、
つい先日にヴァザーリの回廊の一部がオープン!
なんと1871年からずっと閉まっていた場所です!1871年とはイタリア王国の首都だった時代が終わった年。

ヴァザーリの回廊と言っても、去年まで見学する事のできたウフィツィ美術館〜ピッティ宮殿の間の自画像コレクションのあった部分ではなく、ヴェッキオ宮殿からウフィツィ美術館の間。この両方の美術館は、市立と国立という管轄の違いがあり、その垣根を超えてのオープンです。
公開日の式典では、ナルデッラフィレンツェ市長とフランチェスキーニ文化省大臣がそれぞれの扉から出てきて、ヴァザーリの回廊内で握手を交わし挨拶をしていました。

建物の外側から見ると、ニンナ通りから見上げたところ、ここ↓です。

 

ニンナ通りより

ヴァザーリの回廊 ヴェッキオ宮殿〜ウフィツィ美術館

早速予約を取って行ってきました。
ヴェッキオ宮殿とウフィツィ美術館の間にある場所なので、両方の美術館に入れる共通チケットプラス、予約料4ユーロになります。トータルにすると今の時期は27ユーロ(特別展示などで入館料が変動します)。通常のウフィツィの予約入館も予約料4ユーロプラスなので、それを考えるとお得です。

 

ヴェッキオ宮殿

ウフィツィ側のチケットオフィス予約番号を告げ支払を済ませてから、共通チケットを持ってまずはヴェッキオ宮殿へ。

ヴェッキオ宮殿入場からヴァザーリの回廊入り口の指定時間まで1時間の余裕があります、これがヴェッキオ宮殿での見学時間になります。

 

五百人広間

 

ここはヴェッキオ宮殿内の五百人広間。奥の深いおもしろい部屋です。レオナルド・ダ・ヴィンチの絵が壁の後ろに眠っているかもしれないという場所でもあります。他にも、隠し覗き窓があったりします。

 

上の階へ行き、緑の間Camera Verdeが集合場所。この部屋にはブロンズィーノの傑作、エレオノーラの礼拝堂があります。天井のリドルフォ・ディ・ギルランダーイオが描いたフレスコ画も素敵です。

 

ヴァザーリの回廊を通る

時間になったので緑の間に行くと、回廊入り口の扉はまだ閉まってます。
チケットのチェックの後、列を作って並んでいると、扉の向こう側からかちゃかちゃ、と鍵を開ける音がしてきます。

 

ヴァザーリの回廊 入り口

 

 

入れた!

 

 

ヴァザーリの回廊の一部

 

 

と、感動していても、他の人は意外とあっさりウフィツィ美術館の方へ移動。移動時間は数秒?

 

でも、これはここからしか見られない景色。ヴェッキオ宮殿の正面側の壁。

 

ヴェッキオ宮殿 ヴァザーリの回廊より

 

 

こっちは、反対側の500人広間と、その奥はサトゥルヌスのテラス。

 

五百人広間 ヴァザーリの回廊より

 

 

わずか数メートルの感動を味わったら、荷物検査と金属探知機。

ここからウフィツィ美術館に入ります。

 

ウフィツィ美術館到着

 

金属探知機

 

 

荷物検査から進むと、エレベーターホールに出ます。

ウフィツィ美術館の通常の入り口から入った場合に使うエレベーターのある場所です。

ちゃんと車椅子でも移動できるように、こんなスロープも出現。

 

ウフィツィ美術館側

 

 

あっという間の移動時間。

ヴェッキオ宮殿とウフィツィ美術館、両方を見学したいという人にはうってつけ、新しいコース。

このコースのいいところは、このヴァザーリの回廊の一部を通れる他に、実際的なところでウフィツィ美術館に入るまでが早い。これはとってもいいです。

というのも、この日は丁度午前中に臨時閉館があり、外はまだ中に入れない人たちで大混雑していました。それを横目にヴェッキオ宮殿には並ばないで入り、空中回廊は時間通りに通れてウフィツィ入館が早いです。通常のウフィツィ美術館の予約者は30分前後待たされたり、中の荷物検査も長蛇の列になったりする事を考えたら、天国です。最高。セレブだけが通れた通路を通りながら、本当にセレブな気分。

 

 

 

— 現在は非公開! —

いまのところ、あまり知られていない為か団体ツアーの予定が組みにくい為か、空いている模様です。こちらの、ご案内開始します。
空いてるのですが、いついきなり予約が取れにくくなるとも限らないので、お問い合わせはお早めにお願いします。
一回の予約枠は25名までなので、予約さえ取れればスムーズな行程になります。

 

+期間限定ツアー+ ヴァザーリの回廊 ・ヴェッキオ宮殿とウフィツィ美術館


 

-オフィシャルサイトのパンフレットPDF

Da Palazzo Vecchio agli Uffizi