blogイベントフィレンツェ

フィレンツェでロック! : SYSTEM OF A DOWN

フィレンツェ ロック! system of a down

フィレンツェロックス Firenze Rocks

、という3日間に渡って行われたロックフェスティバルの前売り情報が出た時は、まだ真冬でした。

フェスティバルの日程は6月の23、24、25日。フィレンツェにいるかどうかも分からないし、どうしたものかなー、なんて思いつつ、そのままになってました。

それがつい先日、友人がfacebookで、「チケット一枚売るよ!」と書いていているのを、たまたま発見。1秒未満よく考えて、「そのチケットまだある??」と、メッセージを送ったら、チケットを譲ってもらえました!後から聞いたところによると数分差で他の人もメッセージを送ってたらしいです。素晴らしいタイミング!

行って来たのは今日!興奮冷めやらないためなのか、ただ単に夜12時を過ぎてから取った夕食のためか、眠れずにブログを書いています。(突然睡魔に襲われ全部書ききれず、続きは翌日。)

 

フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅よりも西のアルノ川沿いにカッシーネ公園があります。そこの競馬場に特設会場が出現しています。

12時に会場はオープンで、夕方5時ごろに行ったので、最後から3つ目のバンドの演奏中でした。

 

こちらは、Prophets of Rage の様子。

ここ10年程あまり音楽を追わなくなっていたので知らないグループでしたが、ラップとメタルを合わせた感じがよかったです。

 

 

firenze rocks Don Broco

 

 

この写真の中、手前の白TとIron MaidenのTシャツの2人組みの前、空間が空いているのは、ここがぶつかり合いの小ピットができるからです。近いと被害を被る可能性もあるけれども、とりあえずこれくらい距離を置いていれば大丈夫。押しくらまんじゅう状態。

ギタリストが演奏中に、ギターの裏をひっくり返して観客に見せると、「F–K TRUMP」。–のところは適当にucを入れて読んでください。ご本人は伏字をせずにくっきりと書いていましたので。

この日照りに、ボーカルの人のアラブ系の装いがとても馴染んでいました。

 

 

小休憩を挟んで、いざ。System of a Down 開演!

携帯でちょっとだけ撮った動画です。

 

みんな、歌い過ぎ!?

 

「Turn around around…..」という声に促されて、回る回る!

 

 

これでますます、あたり一面ものすごい砂埃!一生分の砂埃を吸い込みました。

競馬場に特設されたコンサート会場なので、仕方がない、、

上半身裸の人がいっぱいいて、しかも汗だくなもので、そういう人たちに囲まれてしまうと湿度が高い、、。 Tシャツ一枚着てくれたら本人たちも周りの人も不快指数は下がるのに、、そんな事は一切考えないTシャツなしの人たちは、ぶつかり合い。古式サッカーCalcio Storicoを思い起こされるのは、ここがフィレンツェだからでしょうか。6月24日、フィレンツェ守護聖人ヨハネ(サンジョヴァンニ)の日にこの古式サッカーの決勝戦があったばかり。今年の優勝は白組。ビアンキというサント・スピリト地区のチームです。サッカーと言うよりも、格闘技っぽい競技です。その古式サッカー選手かな?と思うような筋肉の着ぐるみで着たかのような人たちも沢山いました。マッチョさんは筋肉が付きすぎていて、フォルムが丸くなるので妙に可愛くなる気がします。

遅くに行ったので、ステージからは遠めです。前の方はもっとぐるぐるみんなで楽しそうに回ってました。いいなー。

 

ちょっと気になったのは、奥の大きな三角形のスクリーンに映し出されていたイメージ画像。プロビデンスの目から、バフォメットらしきものや、千手観音みたいなのも、シンボル的にイルミナティとかニューワールドオーダーとか、そっち側だったような気がします。観客がエスパー魔美の手をするのは、ロックコンサートのお馴染みです。

 

 

ものすごく久しぶりにコンサートへ行って、とても楽しかったです。日本にいた時はあまり周りにSystem of a Downが好きという人はいなかったけれども、少なくともフィレンツェではかなりメジャーなようで、うれしい限り。ガイド仲間にもぞろっとファンがいました。一緒に行った人たちの中にもガイドが数人。会場へ向けてぞろぞろ歩いていると、「後ろに大勢の人がいると、条件反射でガイドしてしまう。」と言うメンバーもおりました。

 

今度はオペラでも観に行こうかな、と画策中。美術に関しては、這ってでも行く気満々でしたが、なかなか音楽までは手が出ずにいました。せっかくオペラ発祥の地なのですし。

Ecitar Cantando…..!

 

 

 

 

 

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA