blogニュースフィレンツェ

フィレンツェの”レディー窃盗”が捕まったよ!

フィレンツェ 窃盗

La Nazioneより

フィレンツェの有名な泥棒、あだ名が”Lady Furtoレディー・フルト”が捕まりました!

“レディー・フルト(窃盗の意味)”は、フィレンツェの泥棒の女王的存在で、警察からも店の経営者からもサンタ・クローチェ地区の住人からもよく知れた人物です。

 

 

フィレンツェ、ウフィツィ署のカラビニエーリ(軍管轄の警察みたいな人たち)がネーリ通りとその周辺のお店の人たちに、このレディーフルトの写真を見せて捜査協力依頼をしたのが、12月7日。ネーリ通り商店組合のWhatsApp(イタリアで普及しているLINEのようなツール)グループにその白黒写真、肩までの長さの髪の毛、長身で痩せたラインのこの女性の姿がシェアされ、次々に目撃証言が寄せられました。

「サンタ・クローチェ地区によく出入りしてるよ。」

「サン・フレディアーノ地区を拠点にしてるかも。」

「革製品が好みみたいよ。」

「いつもカバンを2、3個持って、足早にウロついてるよ。」

「変装してたわ。」

「ここに数日前に来た」

などとすぐに情報が集まり数時間後、レディーフルト-東欧出身の外国人、約20年前からイタリア在住- は、カラビニエーリにより自宅にいるところを取り押さえられました。

ネーリ通り商店組合の代表は、「商店の全員を代表して警察に感謝します。私たちは当然の事として各々最大の協力をしました。」とコメントしました。

 

このレディーフルト、ここ数週間だけの窃盗でも、、

  • お店の外に陳列してあった絵葉書を大量に盗む。
  • Leo Firenzeというネーリ通りのレザーショップからは革製ビジネスバッグを持ち逃げ。店の主人は「被害に遭ったのはうちだけじゃない。」と言い、
  • Estroのオーナー、モハメド・カリンさんは、「いつも彼女だ。約二週間前革のジャケットを4着盗まれた。」と言ます。
  • Lauroraでは盗難失敗もありました。しかも自分の持っていたリュックサックを残して逃げていったそうです。そのリュックサックの中には、おそらく盗んだばっかりのものであろう衣料品がぎっしり。

ネーリ通りの代表者さんは、Forza Italiaという政党の地域の後援者代表でもあり、「最近、こういった小さな犯罪が多く地域で話し合いが持たれました。市の行政に対して犯罪防止の働きかけをして行きたいと思っています。」

と最後をくくりました。

 


 

上の訳文は補足が必要なところは付けて、補足が長くなってしかも意味があまりないところは省略して、意訳になっている箇所もあります。ともかく、「泥棒が捕まったよ!」っていうニュースです。

捕まってよかったですね。

この記事の内容だとこの人は商品の窃盗がメインの人なのかな?と感じますね。観光客を狙って自分自身も観光客のような格好でウロついている有名な東欧女性もいますが、痩せて肩くらいの長さの髪のの毛だとちょっと違う気もします。

スリには気をつけましょう!

 

・・・と言ったところで、何が対策?という方に、

人生このかた一度もすられた事のない私のが思いつく限りのスリ対策を伝授!!

  1. カバンはパクパク上が空いているのは手を突っ込まれるので、閉まる方が良い。
  2. 財布は小さめでカバンの奥深くに沈んでて、本人でも手探りで探さなきゃ出てこない方が良い。(レジで財布を忘れたかといつも焦るくらいのレベルで。)
  3. 財布は有名ブランドのを使っている場合、万が一財布自体が持って行かれても貴重品は手元に残るように、カバンの内ポケットとか財布の外に入れておく。財布を複数持つのもおすすめ。ブランド財布はダミーと心得る。
  4. グループや友達と歩いている時が狙われどきです。一緒にいる人が車椅子だろうが抱っこの子供だろうが容赦なしで、荷物が襲われます。
  5. 後ろにいる人が近い場合はカバンは前へ避難させる。人混みにまみれたら、とりあえずカバンを抱っこ。
  6. お店の試着室では、荷物を奥に寄せておく。(試着中に盗まれる事もあるそうです)
  7. もちろん、置き引き注意!

実際のところ、私自身は日常的にはスリ対策らしきものをしているつもりはありません。多分、、カモっぽい見た目ではない?お金を持ってなさそう?でも人混みの中に入るとカバンを前に持ってくるのは条件反射です。

ただし、家の中に泥棒が入った事は2回あります。そっちの方がよっぽど大きな被害になるのでショッキングです。ま、ショックに陥っていてもどうにもならないので、とりあえず翌日にパソコンを買いに走りました。バックアップって、ものすごく大切なのを実感。

 

あと、トラベル用の直接お腹に巻くドラえもんのポケット型ポーチもありますよね。そこには小銭や鍵などを入れないようにしましょう。たまに美術館の中にある金属探知機で引っかかっている方がいらっしゃいます。すぐに出てこないので安全でもあるのですが、、にしても出すのが大変そうです。

 

結局あまりも気にしすぎて周りの人に疑いの目を配るのに忙しくなってしまったら、旅行の楽しみが減ってしまうので、ガチガチに対策をする必要はないと思います。万が一の為に、カード会社の連絡先、大使館の電話番号、電話の掛け方、等、その時にどうすればいいかを出発前に一度確認。それでいいと思います。

 

ガイド中に例の有名スリなどを見たら注意を促しますので、スリ見物も楽しみましょうね!! ?

 

 

-ヴェネツィアですられそうになった時の事

ヴェネツィアでスリに遭遇、そんな時の対処法(!?)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA