blogイベントフィレンツェ

フィレンツェ 動物界なファッション展。 ピッティ宮殿です。

フィレンツェ 衣装美術館 ファッション

ご無沙汰しております、こんにちは。
ブログ放置が癖になっていますが、ここに生存を宣言致します。

一度春めいて、また冬めいて、再び春めいてきたフィレンツェです。
日光の量が増えると嬉しくなる、光合成族!

 

 

身近なフィレンツェでのマイナーな*展覧会2つのお話をしたいと思います。

*メジャーなところでは、ストロッツィ宮殿での『ヴェッロッキオ、レオナルド・ダ・ヴィンチの師匠展』がありますので、こちらもおすすめ。

 

ピッティ宮殿には、4つも美術館が入っているので一番有名なパラティーナ美術館の他は若干目立ちません。で、若干目立たないところでやってる展覧会。

Mudeso della Moda e del Costume モードと衣装美術館

Animalia Fashion 敢えて直訳〜動物界ファッション展

Museo dell’Arte Moderna近代美術館に入る前に右に曲がってそのまま何も考えずに進めー、って感じで行き着くのがこの美術館。
今回はなかなか全体の構成もよろしく、ファッションに詳しくない人(私みたいな人)でも楽しめます。

 

最初にまず、迫力のある黒い大きなドレス。

マルジェラ ガリアーノ アーティザナル コレクション

 

ジョンガリアーノ(マルジェラ)デザイン。
これだ↓ けど、静止の状態と動画ではかなり違って見えるものですね。

そしてふと、同じ部屋の左側の壁を見ると、

タランチュラ

 

蜘蛛がいっぱい!おお、と思って進みます。

すると、蜘蛛をテーマにした作品群。

 

蜘蛛 ドレス ピッティ宮殿

 

 

靴やバッグも蜘蛛。

ピッティ宮殿 ファッション

 

展示品は、デザイナー別ではなく、こうやってテーマ(生き物)ごとに集められています。

白鳥がテーマの部屋↓

 

白鳥 ドレス ピッティ宮殿

ドレスの後ろにあるのは、「レダと白鳥」という絵画作品。ティントレット作。

 

そんな感じで、こっちは海の生き物。

海 ファッション ピッティ宮殿

後ろにあるのは、ブオンタレンティのデザインのパネル。

同じ部屋には、バッグとサンダル。

海 

素材感がにくいです。(お手軽に携帯で撮った写真ゆえ、細部の魅力が全く伝わりませんで恐縮です)

 

なんか、貝殻が置いてあるよ?と思ったら、

シャネルのバッグ

 

しゃがんで覗き込んで見ましょう。

シャネル バッグ ピッティ宮殿

シャネルマーク!

精巧にできた貝殻の形をしたバッグでした。

 

イリスヴァンヘルペンの不思議な靴の後ろには、つんつんしたフグ。

イリスヴァンヘルペン 靴

 

虫がくっついておるー!

プラダ バッグ 虫

これ、つるっとしたアクリル樹脂(?)の中に虫が閉じ込められていて、さらに上からも虫をくっつけてあるっていう、結構むしむし感が出てるバッグ、プラダでした。

ダミアンハーストとのコラボで、限定モデルとのこと。

 

お隣には、虫図鑑と虫を模したブローチ。(デザイナーはいろいろ)

虫 図鑑

 

ちなみにここで忘れてはならないのが、保存の為に低く抑えられた照明の部屋にある、エレオノーラ・ディ・トレド(大公妃)のドレス。16世紀のオリジナル。

エレオノーラ・ディ・トレド ドレス

奥には、コジモ一世の服も。(写真左奥)

 

また現代に衣装の展示に戻って、こんな素敵な細部を眺めてみたり。

 

ピッティ宮殿 モーダ ドレス

 

ピッティ宮殿 衣装美術館

 

素晴らしき手仕事。

ファッションに関しては意外と沢山見どころのあるフィレンツェです。

  • ここピッティ宮殿内モード衣装美術館
  • 同じくピッティ宮殿内、大公たちの宝物館(ジュエリーコレクション)
  • グッチ美術館
  • フェラガモ美術館

ざっとこんなもんかな?

 

そんなこんなで、キキ・スミス展についても一緒に書こうとしましたが、力尽きて夕食へと向かいます。

では。

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA