blogイタリア旅行

ピサの斜塔より傾いてるピサの塔

投稿日: 更新日:2020-06-14
ピサの斜塔 奇跡の広場

あけましておめでとうございます。今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2018年最初のテーマは、

ピサの斜塔より傾いてるピサの塔。

 

ピサの斜塔といえば、いつもいつも大賑わい。まさに世界の観光名所。

“傾いているが為に大人気”の斜塔は、それが大聖堂の鐘楼である事ですら忘れられる程。

例えるならば、音楽バンドのヴォーカルだけやたら有名になちゃって、ドラマ出演にバラエティー番組、役者としてなんとか賞みたいなのまで取っちゃって、他のメンバー置いてけぼり、みたいな。

 

ピサの斜塔と大聖堂
有名な斜塔なのに、自分の写真コレクションに斜塔だけを撮ったものがない事に今さっき気づきました。さすが小学生の頃にディズニーランドのエレクトリックパレードで電源を探していた私。全然メインを見ていません。

 

ところが、そのピサの斜塔の有名たる要因に揺さぶりをかける、”もっと傾いた塔”が同じピサにあるんです。

ピサの斜塔より傾いてる塔はこちら!

サン・ミケーレ・デリ・スカルツィ教会 斜塔

 

ピサの中心部からアルノ川上流方向へしばらく歩くと見えてくる、Chiesa di San Michele degli Scalzi サン・ミケーレ・デリ・スカルツィ教会。

ピサの斜塔の傾斜角は3,9度、こちらは5度
明らかに傾斜が勝っています!

高さは低めなので、底面と上部のずれ幅はそれほどではありませんが、

いや、しかし、ほんとに、ななめってます

 

 

教会正面から見ると、こんな。

 

サン・ミケーレ・デリ・スカルツィ教会

 

正面からですと、鐘楼の傾斜はさほど気にはなりません。

むしろ気になるのは駐めてある車でしょうか。観光地ではないので、広場は駐車場。車の侵入制限はない区画です。

 

 

でも、ここで”斜め観察“を終わらせてはいけません。

中に入ります。

 

サン・ミケーレ・デリ・スカルツィ教会 内部

 

分かりますでしょうか?内部もななめっています。

全体に右に傾いているんです。手元が狂ったとか、カメラの広角側で撮ったから歪んでいるとかではなく、斜めなんです。

内部奥の、右翼廊祭壇が、斜塔(鐘楼)の土台部分でもあります。

 

 

教会から出て、裏から後陣部分も観察。

 

ピサ サン・ミケーレ・デリ・スカルツィ教会 後陣

いい感じ。

厚い壁の小さな窓や、後陣部の小さな装飾アーチ(ロンバルディア帯)の並びがロマネスク感をぐっと出してます。

1025年に建築を開始、大聖堂よりも古い教会です。地盤の悪さによる傾斜もさる事ながら、第二次世界大戦でも、洪水でも災難にあってしまいました。

1928〜1952年は路面電車の始発駅がちょうどこの教会の前にあったそうです。今は若干寂しい感じですが(綺麗に整備はされています)、その時代には人混みがあったのでしょうか。

 

 

ちょうどこの場所に行ったのが、2017年最終日、仕事帰りの午後でした。年末のそこはかとない寂しさと、曇り空とが相まって、哀愁が、。

ピサの斜塔よりも傾斜角は勝っていても、やっぱり世界遺産にはかなわないな、、味わいはありますけれども。

 

ピサの斜塔からの眺めです。↓

 

ピサの斜塔 眺め

 

こっちの方がダイナミックな眺めですね。さすが、世界の観光地!

 

とはいえ、ダイナミックさを求めなければ、他にもいい場所ありますので、次回にご紹介したいと思います。

美術館を100倍楽しむ方法-ピサ編