blogイタリア旅行フィレンツェ近郊

フィレンツェ近郊 : モンテカティーニ温泉

モンテカティーニ温泉

フィレンツェから電車で約50分で着く近場にある温泉地、モンテカティーニにいらっしゃったYutty!さんの取材協力をさせていただきました。

 

テルメ・テットゥッチョ

冬季はここテルメ・テットゥッチョは閉まっているのですが、モンテカティーニ温泉全体のマーケティング部長マッシモさんが特別に私たちの為に開けて、色々と説明をしてくれました。この方、温泉学の専門家でもあり、高校や大学の単科で教えてたりもしているそうです。事前にアポイントを取る為にやり取りをしたのもこの方だったのですが、レスポンスが驚くほど早く、単刀直入に必要な事を聞いて来たので好印象でしたが、ご本人は更に好印象。なんでもさっさとやわらかく答えてくれます。

これはテルメ・テットゥッチョ正面での写真です。

 

モンテカティーニ温泉 テットゥッチョ 入り口前

 

 

 

 

 

モンテカティーニ温泉 テルメ・テットゥッチョ 内部

 

 

外観からしてもそうなのですが、内部もとても美しいです。1700年代のGasparo Maria Paoletti ガスパロ・マリア・パオレッティ設計の建物を1900年代初頭にUgo Giovanozzi ウーゴ・ジョヴァノッツィの手によって増改築されたものです。

ガスパロ(もしくは Gaspare )・マリア・パオレッティと聞いて、あ、と思われた方は、フィレンツェマニアか、そっち方面を専攻した人です。ピッティ宮殿の現在のファッション・衣装美術館の建物や、ウッフィーツィ美術館内のニオべの間(時間の少ないツアーでは入りませんが、ルーベンスの大きな絵画二枚やニオべとその子供達の彫刻が置かれている部屋)などを手がけています。この人は丁度トスカーナ大公ピエトロ・レオポルドの時代の人で、ここテットゥッチョもレオポルドの命によるものです。

 

 

飲む温泉、飲泉

ここは”温泉”と言われて想像するような、暖かい温泉水に浸かるところではなく、飲みます。飲泉と言います。

源泉は4つあり、RinfrescoリンフレスコLeopoldinaレオポルティーナTettuccioテットゥッチョReginaレジーナ。それぞれに塩分やら成分の割合が違い、全てモンテカティーニで湧いていますが、この中でまさにこの場所から湧いて出てくるテットゥッチョの名は、1700年代よりも更に前に、建物が何もなかった時代に源泉を守る為に小さな屋根だけは付いていました。その”小さな屋根”という意味のイタリア語が”テットゥッチョ”なのが由来です。レオポルディーナは大公レオポルドの時代に発見されたので、この名前です。リンフレスコは一番軽い水質なので、リフレッシュの意味のイタリア語名。レジーナはイタリア王国最後の王様の妻にちなんで、女王の意味。

 

 

モンテカティーニ温泉 テルメ・テットゥッチョ 建物

 

 

それにしても、空の色と建物のトラバーチン大理石の色の対比が美しい。前日は雨だったのが嘘のようです。季節の変わり目なのか、ものすごい強風が吹いていて、そのあたりの鉢植えとかは転がっていましたし、温泉の水も出してもらったものの、噴水か?というくらい飛沫になってましたが、この写真ではバレませんね。上の集合写真のイタリアの国旗のはためき具合が最高です。旗、全開!

その温泉水、味見をさせていただきましたところ、ちょっと塩味のある、ちょっと不思議な味でした。これは効くよ!という味がしました。

ここがオンシーズンでオープンすると、常駐のお医者さんに診てもらって処方されたレシピに従い、四種類の源泉から選んで飲むそうです。朝食の前の何も食べていない状態で、かなりの量を飲む事になるので、当然、催してきます。しかも、朝食前に飲むという決まりなので、朝みんな一斉に飲泉、そしてみんな一斉に催してしまうという事態。なので、ちゃんと500以上のお手洗いがあるそうです。よかった。

そして、飲んだ後は、ここで朝食をとったり、音楽を聴いたり、ショッピングをしたり、雑談をしたり、そんなリラクゼーション、全てが用意された完璧な空間な訳です。

 

 

モンテカティーニ温泉 テットゥッチョ 外観

 

 

左端に私の指が入ってるこの写真には、見事にここの一番の見どころである源泉が写っていません!手前の丸っこい建物の下にプールがあります。今は空ですがそこにもちゃんと温泉水がたまるようになっています。その縁に美しい貝を模した水盤があり、そこから温泉が湧いてきます。

 

今回私は通訳・コーティネーターとしてお邪魔させていただいた訳ですし、ちゃんとした写真と情報はYutty!さんの記事を待ちましょう。日本の温泉地の情報量が膨大です。それに加えて現在海外進出中で、写真と文章だけのあたかも遠隔操作で作られた情報ではなく、実際に現地に行ってしまうあたりがすごいです。そしてなにより、楽しい方々でした。サイトの温泉記事にある動画を観ると、そのあたりも感じられるのではないでしょうか。

 

 

その他の温泉施設

ここでは、飲む温泉、飲泉ですが、他にTerme Redi テルメ・レーディTerme Excelisior テルメ・エクスチェリシオール(イタリア発音)があり、そちらでは、リハビリや喘息の治療、美容、マッサージ、クレイケア、いろいろコースがありまして、総合的ななんでも来い!みたいな療養所みたいになっています。この二つの施設は年中開いています。私たちの取材中は平日昼間で空いている時間だったのですが、喘息を抱えた小さな子を連れた人も訪れていました。子供にも無理のない優れた治療方だそうです。

でも、あまり”療養”ばかりを考えずに楽しみたい人は、午後にプールに入って帰るなんて事もできますので、(10回100ユーロの回数券いいなー、と価格表をじーっと見てしまいました)そんな気軽な利用もマッシモさんに伺ったところウェルカムだそうで、フィレンツェから日帰りか、モンテカティーニに泊まってフィレンツェとかピサに小旅行をするとかもいいですね。

 

 

モンテカティーニ・アルト

温泉地の上には、Montecatini Alto モンテカティーニ・アルトっていう小さな街があります。観光シーズンになると、ケーブルカーで登る事ができます。

この写真は、そこからの景色。実際はもっといい景色です。かわいい街並みにレストランに小さなお店に、モンテカティーニまで来たら、ここも必ず行かなくちゃ損です!

 

 

モンテカティーニ・アルト

 

 

モンテカティーニ温泉取材のおまけ話

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA