blogイタリア旅行ニュース

nugo・イタリアのバス /ローカル電車/トラム/ヴァポレット・チケットが結構なんでも買える便利なアプリ

イタリア チケット アプリ

こんにちは。そして、大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

年末、クリスマスの翌日に書こうと思っていた事を本日書こうと思っている次第です。(書くのが遅くなった言い訳はもはやすまい。)

 

イタリアのバスとかトラムって、事前にタバッキマークのついたバールなどで切符を買っておいて、乗車してから刻印をするのが普通です。
鉄道駅の近くだと券売所はそんなに探さなくとも見つかりますが、今回ご紹介するアプリnugoは、12月26日(祝日)に自宅近くのバールが全店休業中の緊急事態の際に見つけました。
2018年からサービス開始の新しめのサービスで、そういえば、駅でキャンペーンをしていたかも、とロゴを見てから思い出しました。

チケットを買うのに、トラムの停車駅にある自動券売機を使う方法もありまして、しかしやはり「10ユーロ紙幣が吸い込まれた!」と悪態をつきまくってるおばちゃんを目にしたり、メンテナンスとかきっちりやってなさそうな佇まいに、なんとなく避けたかったんです。
(smsを送ると発券されるっていうシステムもありますが、私の携帯キャリアだと未対応。あと、このページを読んでくださっている方の97%くらいイタリアの携帯を持ってないと思われます。)

 

 

nugo

それが、このアプリ。ダウンロード後の画面↓

オフィシャルページ→ nugo

これだと、クレジットカード払いでさっさとチケットを買えます。
以下、実際に使った時の模様です。(右上の時刻でバレますが、後からキャプチャー画像を補足でたしました、なんて細かすぎることをチェックする人は誰もいないでしょう。)

 

 

 

 

1、最初のページ

イタリア語表記になってますが、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語も選べます。言語設定画面には右下の”Profiloプロフィール”から行けます。

 

 

 

 

2、行き先

下に表示されているボタン”Bigliette(-ria)チケットオフィス”を選んでから、どこで使いたいかを街の名前を入力すると、使える交通機関の候補が表示されます。
ここではフィレンツェを入力。そして、ataf&Li-neaを選択。フィレンツェのバスとトラムの共通券です。
(”Home”で直接出発地点と到着地点を入力する方法もあります。)

 

 

 

 

 

3、チケット

atafは現在、全路線90分間1.50ユーロです。日付と枚数を選択。

 

 

 

 

4、チケット購入後

クレジットカード番号の入力画面をキャプチャーしてしまうほどは呆けていないので、購入後の画面です。
2枚購入していて、すでに一枚は利用開始されているのが表示で分かります。下のIn usoが90分間の利用時間内の表示、上のDisponibileがまだ未使用の状態。

 

 

 

 

5、QRコード

なにせ半月前の利用なので、どうやってチケットを有効化したのかを忘れてしまいましたが、乗る前に、成り行きにまかせてボタンを押すと有効化でき、90分のカウントがそこから始まります。

今回分かったのは、乗車後に有効化というのはできません。GPSで位置情報が出ているからです。乗車中、もしチケットコントロールがやってきたら有効化して、来なかったらそのまま次の乗車の為にとっておこう!というセコい真似はできません。
別に私がセコい事しようとした訳ではなく、有効化する前にトラムが来たので慌てて乗っただけのことですが、わざわざ一旦降車しないと有効化できなかったというビビりな時間を体験しました。(以前、磁気式の回数券を利用中に機械が壊れていて有効化されておらず、犯罪者扱いの大げんか30分の上に警察に連れて行くとマジな脅しの末、200ユーロくらい?の罰金だったという記憶が私をビビらせます。)

利用中のチケットボタンを押すと、QRコードが表示されます。チケットコントロールの人が来たら、これを見せます。残り時間の表示もきっちり表示中。↓

 

 

これは、結構便利だと思いました。
チケット代に手数料を上乗せされることなく、窓口で買うのと同じ料金、かつ早い。
特に旅行中は色々な街を周遊したりする中、あまり知らない土地でチケットを売っている場所を探し回るのも面倒なものです。
利用方法として、例えばグーグルマップを使って路線検索、次にこのアプリでチケットを速攻で買ってしまう、というのも一つの手。
イタリア鉄道トレニタリアのローカル線チケットまで買えてしまうのは本当に便利で、小さい駅だと無人で券売機もちゃんと動くのだかどうか怪しげな事も多々あり。(え?誰もそんなところには行かない?例えばフィレンツェロヴェッツァーノ駅とか?!) あと、有人窓口も自動販売機も列が出来ていて、電車の発車時刻が近いのになかなかチケットを買えない、とかそんな場合にも便利。(鉄道だけだったらTrenitaiaの専用アプリもあります。あとItaloも。)

すべてのイタリアシステムは疑ってかかるのが最善策のご時世、問題なくこのアプリは使えましたよー、という情報でした。

 

 

 

 

その他の交通機関

そうそう、イタリア国内のみの発券みたいな書き方をしましたが、thelloが入ってるのでパリにだって行けちゃう。

以下のマークの会社が入っています。

  • Actvはヴェネツィアの水上バスヴァポレット、
  • alilauroはナポリ周辺の島への船、
  • APAMはマントヴァのバス、
  • atacはローマのバス、
  • ATMは現金自動預け払い機じゃなくてミラノのトラムとかメトロの交通機関、
  • BicinCittàはイタリアのかなり多くの街で展開しているシェアサイクル(ミラノ、フィレンツェ、ローマでは今の所なく別会社のシェアサイクルですが、このリストを見るとかなりの中小都市で導入している模様。)フィレンツェでのシェアサイクルについては過去記事リンクを下に貼っておきます。
  • Maggioreは運搬に使う大きめのバンをレンタルしているイメージが強いけれども、普通乗用車もレンタルしています。(カーシェアリングや、他のカーレンタルもあるので比較した方がいいかも。)

などなど。

どうぞ、よい旅を!

 

フィレンツェで自転車シェアリング開始!日本のMobikeアプリ利用可!

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください