blogニュースフィレンツェ

GUCCI Gardenリニューアルオープン!早速行ってみた。

グッチガーデン 美術館

GUCCI Gardenがフィレンツェでリニューアルオープンしたのはつい先日の事。

ファンという訳でもないのですが、新しいと聞くとすぐに行きたくなってしまいます。

ええ、行ってきました!

 

 

 

まずは、美術館。

gucci garden  毛皮

毛皮コーナー。鮮やかなオレンジ色にシマウマ。

蛇何本使いました?というパイソンのコートもありました。

今やると絶対動物保護の議論が巻き起こりそうな、動物の頭をそのまま使った毛皮のショールも裏にあります。

 

 

グッチガーデン 美術館

左の白地のワンピースは現在のデザイナー、アレッサンドロ・ミケーレので、以前のデザインのもの(60年代だったかな?いろいろあったと思います)と一緒にならんでいます。フローラルデザインがテーマの部屋。

イタリアの美術館でよくある”教育的な配置”(だいたい歴史順)ではなく、新旧入り混ぜてあるのが印象的。時代を隔てても、新しく、共通のイスピレーションがあったり、違いがあったり。

 

 

gucci garden 50年代のグッチバッグ

レトロで洗練されたラインのデザイン。50年代のものです。

写真を撮るのをしっかり忘れましたが、工事中に外壁に貼ってあったパネルのデザインパターンのスーツケースなども展示されていました。パイナップルっぽいデザインです。外壁の方は写真を撮ったと思うので、見つかったら追加で貼ります。

-追記・写真、見つかりました。

グッチガーデン 工事中

昨年のパラティーナ美術館でのファッションショーの時に、招待客用に用意されていた椅子に貼られていた布の色のカバンもありました。

・参考・

GUCCIのファッションショーにガイドとして参加しました

 

ファッション史はざっくりとしか知らないので、説明のしようがないのですが、知っている人にはたまらないであろうコレクションがずらっと並んでいます。知らない私でも細部まで丁寧に作り込まれた服飾品を観るのは楽しかったです。

通常の美術館とは客層が違って、ファッション関係の勉強をしている若者たちがかなりいました。(持っていたカバンにPOLIMODAの文字。フィレンツェにある有名なファッション専門学校です。)

 

 

 

gucci garden  シアター

映像作品のある小さなシアター。内装が素敵。

外側には”BIBLIOTECA(図書館)”と書いてあります。建物のオリジナルの部分。

建物は、Palazzo della Mercanziaという歴史ある建物。ボッティチェッリの”剛毅“を含むポッライオーロが描いた神学、枢機徳を表す板絵もここにありました。現在はウフィツィ美術館にあります。

 

 

 

gucci garden  トイレ

とっても気に入りました。トイレです。

インスタレーションの空間になっているので分かりにくいですが、壁に扉があって、中にお手洗いがあります。

扉の上に札みたいなのがあるので、気づきました、トイレだ!って。

 

 

gucci garden  

左側に写っているスカーフの原画も展示されていました。

 

 

 

気になるお店!

gucci garden  お店

美術館は上の階にありますが、このお店は地上階にあります。

ここにおいてある商品は全てオリジナルで、ここでしか買えないそうです。

 

 

 

gucci garden  グッチの食器

面白いことに、食器まであります。グッチオリジナルの食器。

 

 

gucci garden  壁紙

なんと、壁紙まで。

聞いてみたところ、切り売りではなく、一本売りです。7メートルから10メートルあり、確か値段は170ユーロから360ユーロあたり。お店の人に聞くと、親切に教えてくれます。

 

他にもクッション、パジャマ、靴、バックステージで使った箱、マッチ、ポーチ、時計、、トートバッグにも色々デザインがありました。

値段はグッチ価格、小さなマッチ箱は20ユーロ。高いのか安いのかがよく分かりません。可愛いデザインだったのでお土産にいいかな?(ただし飛行機に持ち込めるのは一個だけ!そういう意味でも貴重かもしれません。)

布のトートバッグは上の写真とは違うデザインので170ユーロ。ただ、フィレンツェに住んでいてフィレンツェ限定のカバンを持って、お店の至近距離でうろうろするのは恥ずかしいので私は無理です。笑

 

 

レストラン

しっかり写真を撮り忘れました。

内装は緑。使うのが難しそうな鮮やかな緑色を、本当に鮮やかなデザインセンスで使ってありました。

今回はガイド仲間と下見の為に行っただけなので食事はしませんでしたが、3つ星シェフの料理が楽しめるそうです。

入り口のメニューは、英語表記のみ。イタリア語のも頼めば出てくるのかな?

サラダが15ユーロ〜、ホットドックも15ユーロ。プリモが20〜30ユーロあたり。ドルチェは15ユーロ。

 

 

この内装なので目立たなくなってますが、この建物の正面にあるギルドの紋章を彫ったパネルのオリジナルが、店内とレストラン内にしっかりと保存されています。

以前グッチカフェだった時に、何回もこのパネルだけを観るために入店する迷惑な客をやってました。はは。

 

 

そんなこんなで、フィレンツェにまた面白いスポットが増えました。

場所はシニョリーア広場のちょっと奥まったところ、ヴェッキオ宮殿の北側。

目印は、建物に貼ってある、光る大きな目の看板!(→オープニング時限定だったようで、現在は取り外されています。)

あー、そこ、肝心なところ、また写真を撮り忘れた。どれだけ忘れたのか。

オフィシャルサイトでちゃんとした写真が見れます。

GUCCI Garden – 日本語

それではまた!

 

 

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)