blogニュースフィレンツェ

初一般公開・ミケランジェロのトリブーナ@サン・ロレンツォ教会

ミケランジェロのトリブーナ

こんな景色が見られる事なんて、今までありませんでした。

サン・ロレンツォ教会内には、ドナテッロ、フィリッポ・リッピ、ブロンズィーノ、ロッソ・フィオレンティーノ、デジデーリオ・ダ・セッティニャーノ、アンドレア・デル・ヴェロッキオなどの作品が沢山。

サン・ロレンツォ教会 / メディチ家礼拝堂

 

ミケランジェロの”聖遺物のトリブーナ”

その中で、ミケランジェロというビッグネームの作品なのに、あまり目立っていないのが、ここ。

ミケランジェロのトリブーナ

入り口を入って振り向いた頭上にあるテラスみたいなところです。

Tribuna delle Reliquie トリブーナ・デッレ・レリークイエと呼ばれます。

レリークイエは聖遺物の事です。

現在は使われてはいませんが、装飾の美しく施された聖遺物を並べる為に使われていました。

 

イタリアのテレビ特集なんかでこのトリブーナからの映像が使われいたのを観て、「いいなー、取材班は登ったんだなー。」と思うばかりでした。

それが、今年の2月1日から公開中!

早速行って来ました。

 

 

トリブーナ見学

てっきりトリブーナをさくっと見せてくれて終わりの見学かと思っていたら、1時間きっちりと教会内も案内してくれました。

なので、上に登って写真を撮るだけが目的の人は、前半は飽きてしまうかもしれません。

「時間が丁度いいから」なんて理由でイタリア語(マイナーな言語ですよね。)を選ばない方がいいです。

英語ツアーもあるので、下に情報を載せておきます。

 

 

で、ここです。

ミケランジェロのトリブーナ

トリブーナから見た教会内部。

ブルネッレスキが設計した理性的な計算され尽くした比率をよく観察する事ができます。

例えば、床に見られる灰色の帯状のライン。

11ブラッチャ(約6,5m)を1つの辺として、主身廊の横幅は22ブラッチャ、左右側身廊は11ブラッチャが取られています。

比率は1:2:1。

その単位は更に左右に並ぶ助祭壇にも続きます。

漆喰の白とセレーナ石の青みがかった灰色の二色で、遠近法がすっきりと計算された形で見えます。

消失点の位置にちょうど磔刑像があります。

 

 

 

ミケランジェロのトリブーナ

ダード・ブルネッレスキアーノ(ブルネッレスキのダイス)と呼ばれるエレメントもここからだとよく観察できます。

コリント式の柱頭と半円アーチの間にあるダイス状の部分。

ルネサンス様式の代表格の、ブルネッレスキ設計代表作の、そのオリジナルがこれこれ!

“ルネサンス”っていう言葉は広く使われる言葉だけれども、これを見ずして何をルネサンスと言う???

ルネサンスはウフィツィ美術館にある作品だけじゃ、絶対足りませんって!

そんなの、醤油抜き卵かけご飯ののようですって!!

 

 

言い過ぎました、すみません。

 

 

あ、このダードつながりで、こんなのも。

プルヴィーノ

こっちはラヴェンナのプルヴィーノ。

ラヴェンナへの旅、モザイクを肉眼で観る!

 

トリブーナへの入り口

紹介する順番が逆になりますが、入る時はどこを通るのかというと、

トリブーナは教会の内部にあるので、教会内のどこかに階段への隠し扉でもあるのかと思いきや、一回教会からは出る事になります。

 

同じくミケランジェロ設計のラウレンツィアーナ図書館のある中庭の方へまず出ます。

ラウレンツィアーナ図書館

向こう側にある、窓が整然と並んでいるところがラウレンツィアーナ図書館。

中庭を挟んでこちら側に扉ががあり、そこを開けてもらって入ります。

 

階段を上がった後に、こんなせまーい通路を歩きます。

ミケランジェロのトリブーナ

歩いている最中に停電には決してなって欲しくないです。

 

 

これまた小さな扉を開けると、そこはトリブーナの中。

ミケランジェロのトリブーナ

 

ここから振り向くと、聖遺物を内部に飾っていたという扉があります。

写真を一応撮りましたが、至近距離すぎて「扉の一部だね。」としか分からないので、省略。

 

 

 

サン・ロレンツォ教会、トリブーナ情報

 

月曜日から土曜日まで、午前10:30にイタリア語、正午12:00は英語のツアーが一回ずつあります。

定員が15名なので、確実に見学したい人はオンラインで事前チケット購入がいいかもしれません。

でも実際のところは、まだあまり知られていないようなので、グループでの見学以外は予約は必要なさそう。

 

オフィシャルサイトの案内ページ

Opera Medicea Laurenziana

料金は通常のチケット€6ユーロにプラス€4でトリブーナ見学ツアーに参加できます。

ネットで事前予約をする場合は更にプラスで€1。

 

 

私がご案内する日本語ツアーもあります

書くのが面倒でここではご紹介しない内容盛りだくさんツアー♪

(トリブーナは上記の教会主催ツアーに一緒に参加する事になるので、オプションです。)

メディチ家礼拝堂とサン・ロレンツォ教会◆1.5時間ツアー

 

親指下...どうかなまあまあよいエクセレント! この記事を星で評価!(携帯からだと拡大表示すると星が押しやすいです。実姉「間違っちゃったかも」→星二つ)
Loading...