blogニュースフィレンツェ

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅、かなり分からないバス乗り場

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅

2月になって、フィレンツェ サンタ・マリア・ノヴェッラ駅構内のゲートが閉じました。

そのことをお伝えしていたのが、この記事。

フィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅のゲート起動

その時点では、まだどうことかと心配されていた16番線(バス乗り場への近道)が一体どうなったのか、偵察してきました。

 

注・バス乗り場と言っても、市内を走るatafでも中距離を走るSITAでもなく、大型観光バスや、長距離で安いFlixBus、各社オプショナルツアーの一部などがここを利用しています。フィレンツェ駅発着のバス利用の際は、駅のどのポイントなのかよくご確認ください。Via S.Caterina d’Alessandria, Piazza Adua, Largo Fratelli Alinari, ちょっと離れたPorta al Prato-Leopolda など、色々です。

 

まず、駅の構内はこんなんになりました。

フィレンツェ サンタ・マリア・ノヴェッラ駅構内

いままで自由に行き来できていたホームまでの間に、ちょっと立派なガラスのゲートが出現。

入り口と出口が分かれています。

ハイテクかと思いきや、ただ係りの人がチケットを拝見しているだけの、人力に頼ったシステムです。

将来的には応用が効くからとりあえずはこれでいいのかも。

 

この中のホーム一番右の16番線をずーっと進むとバス乗り場に到着しましたが、こうして閉まっているので入れなくなりました。

では、どこから行くのか?

 

バス乗り場への行き方

一旦構内から出ます。

上の写真で言うと、手前側に戻ります。

すると、こんな感じ。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 フィレンツェ バス乗り場へ

 

上の写真と角度は同じで後ろに下がった感じの場所です。

はい、ここで写真奥に続く道を進みます。

 

 

すると、こんなすっきりデザインの建物が見えてきます。パラッツォ・レアーレです。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 バス乗り場へ パラッツォ・レアーレ

中に駅構内と通じているレストランが入っているので、そこからかな?と覗いてみましたが違いました。

写真右手にずっと続いてる、地味な白い鉄柵にそって右に進みます。

 

Via Valfondaという通りにぶつかりますので、そこを左折。

現在トラムの工事中で道幅が狭くなっている通りです。

ちょっと進むと、ここ。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅

 

道の途中の壁に←マーク(普通の役所のプリンターで白黒印刷と思われ)、とりあえず小雨になら耐えられるかな、というレベルのプラスチックファイルに挟まれて、貼ってあります。

相当見過ごしそうなんですけれども、係りの人(写真左の人)が通行人に道案内をしているのが聞こえて気づきました。

その係りの人にこの道が恒久的なものなのかどうか聞いたら、「そうじゃないといいけどね。」という答えが返ってきました。

バスのチケットを見せたら駅のゲートの方で入れてもらえた人もいる、という情報もいただきましたが、チケットコントロールの人によっても対応が違いそうですので、こちらの道の方が確実でしょう。

 

では、行きますよ、近道の入り口より、

こんな訳のわからない窪地みたいな所に入ってゆきます。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅

本当に訳の分からない建物の間です。ここどこ?

どん詰まりまで行くと、左手にも張り紙があったので、近寄ってみたら「ここじゃないから、反対側に行ってください。」みたいな事が書いてあったと思います。

なので、どん詰まりは右折です。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 バス停へ

ちらほら通行人はいるので、間違わないとは思いますが、普通の駐車場ですよね。

 

ひたすら進みます。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 バス停へ

駅構内によくある三色のゴミ入れが出てきたので、なんとなく駅の雰囲気がしてきました。

矢印にしたがって、ひたすら進みます。

 

 

すると、見覚えのある16番線ホーム。

ここまで来ると、電車も見えてきます。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 バス停へ

ただ、左側にある柵で道が半分にされています。

柵のあちら側は、電車の切符を持っている人でないと入れなくなっています。

 

ここからあとちょっとだけ行くと、ここ。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 バス停へ

改札口が出現。

ここで、チケットコントロールがあるんですね。

 

改札口ですし、ここから電車に乗る利用客の為に、券売機も設置されました。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 バス停へ

 

 

駅構内には入らずに、更に先に進むと下に降りるスロープ。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 バス停へ

右手に、フォルテッツァ・ダ・バッソ(バッソ要塞)が見えています。

道路に停車中のバスの屋根も見えていますね。

一般車の駐車場もあります。

 

スロープを降りきって、

はい、お疲れ様です。到着。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 バス停へ

 

分かりましたでしょうか?

この道でないと、トラムの工事があっちこっちであるので、遠回りもほどほどにしろ?という事になります。

と言っても、これが必要な情報ではない人が大半の事でしょう。

団体旅行の人たちも多く利用しますけれども、添乗員さんが付いていますしね。

 

イタリアの仕組みって面白いね、くらいに思っていただければ幸いです。

はは。

 

では、また。

 

 

 

 

親指下...どうかなまあまあよいエクセレント! この記事を星で評価!(携帯からだと拡大表示すると星が押しやすいです。実姉「間違っちゃったかも」→星二つ)
Loading...