blogニュースフィレンツェ

フィレンツェ空港-市内・トラム開通2019年2月11日、料金とか。

フィレンツェ トラム

フィレンツェ中心地とフィレンツェ空港を結ぶT2ラインのトラム、ようやく工事が終了し、2月11日に正式に営業運転が開始されました。
本当なら2018年中に開通しているはずだったのに、施工会社への支払いが遅れたりなどして遅くなっていました。

 

路線図はこちら。

トラム T2 空港線

一番左の「AEROPORTO-PERETOLA」というのがフィレンツェのペレートラ空港。
その後は住宅街や大学などのあるNovoliという地区を通りつつ、最後から二番目の「ALAMANNI-STAZIONE」がフィレンツェ-サンタ・マリア・ノヴェッラ鉄道駅の真横に着く停留所。
終点「UNITA’」は、駅からほんの歩いて数分の距離だけ大聖堂方面に行ったPiazza dell’Unitàウニタ広場。

ALAMANNI-STAZIONE停留所にはもう一つの路線T1も停まりますので、空港方面に行く方は乗り間違えのないようにご注意を。

 

フィレンツェ中心地から空港への動画

これで、なんとなく様子は分かると思います。説明しているのはフィレンツェ市長ナルデッラ氏。
イタリアの政治家は喋りが上手い。

 

 

乗車料金

通常のトラム乗車料金と同じで1,50ユーロ、定期券をすでに持っている人は空港駅もそのまま利用できます。チケットは乗り場の真ん中あたりに自動販売機で買えます。
市内を走っているバスatafとトラムは共通なので、90分の有効期限内であれば乗り換えができます。

空港から車内でチケットを買う場合は4,50ユーロというニュースが2月9日にありましたが、最終的に1,50ユーロになりました。フェイクニュースではなく、行政の最終決定がぎりぎりになった為です。(2月12日追記)

こんなアプリもチケット入手に便利です。手数料もなく普通に1.50ユーロで買えました。

nugo・イタリアのバス /ローカル電車/トラム/ヴァポレット・チケットが結構なんでも買える便利なアプリ

 

↓市議会議員Stefano GiorgettiがFaceBookでコメント。空港の割増料金はなしですよという説明と、 最初の2週間は無料!というお知らせ。(2月24日まで)

 

料金については、スーツケース一個についていくらか追加料金制にするという話もあったので、その辺りも含めて流石に10日にはきっちり料金表が出るのではないかと、淡く期待します。
無料で持ち込めるのは、50x30x25cm以内の大きさ、重さは10kgまでの荷物一つ。もう一枚チケットを買う事で最大80x45x25cm、20kgまでの荷物2つを持って乗車可能。
詳しくはオフィシャルサイトを参照ください。

 

これ↓は、昨年トラムの表示を読んだ時の話。

 

フィレンツェ空港から、その他の交通手段

空港からの交通手段は、他にもタクシーや空港バス、専用車をチャーターする、
住人だとカーシェアリングの利用、市内バスatafを使ってちょっとだけ歩く、CAP使う、チャリを使う、、
など色々方法があります。

旅行者からすると、やっぱり荷物があるしホテルまでさっさと到着してしまいたいので、タクシーと専用車というのが一番楽でしょうか。トラムだとホテルの場所によっては大変、、、逆にトラム停留所に近いホテルを手配するという手もあるけど。

フィレンツェでは現在、空港バスVola in Busが片道6ユーロ、タクシーが固定で22ユーロ(荷物料金、深夜料金など抜き)です。

 

各国、各都市の空港アクセスの料金比較表↓ il Reporter

空港アクセス 料金比較表

 

 

 

今後、ラインが増えます。多分。

そんなこんなで、ようやくT1、T2が開通し、
今後はT4までプロジェクトがあります。
もの好きな方はここで計画中のラインをチェック→ mobilita.comune.fi.it

 

 

また情報を更新する予定です。ではよい週末を。
2月9日- 更新しました
2月12日- 実際に乗ったので近々更新します。若干記事の修正はしています。
2月17日- 荷物持ち込みについて、書き加えました。

 

 

 

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください