ストロッツィ宮殿 Palazzo Strozzi

ストロッツィ宮殿

ストロッツィ宮殿

フィレンツェにある最も名高いルネサンス建築のひとつです。
フィリッポ・ストロッツィがこの土地を複数の所有者から買取り、ベネデット・ダ・マイアーノが最初に設計し、ジュリアーノ・ダ・サンガッロ、後にシモーネ・デル・ポッライオーロ(イル・クローナカ)、バッチョ・ダンニョロが建設を進めます。建築は1538年のストロッツィ家の亡命で終わり、政敵であったメディチ家に没収されます。その約30年後に返還され、1907年を最後にストロッツイ家は途絶えました。
この建物の所有者だったストロッツィ家の注文した作品には、ウフィツィ美術館のジェンティーレ・ダ・ファブリアーノの東方三博士の礼拝、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会にあるフィリッピーノ・リッピがフレスコ画を施したストロッツィ礼拝堂などがあります。
現在はViusseux図書館をはじめ3つの研究機関と美術館運営を担うパラッツォ・ストロッツィ財団が建物内にあります。
美術館では企画展が開催され、毎回テーマにそって幅広い時代と趣向の作品が展示されます。

(写真を撮り忘れたり展覧会自体に行き損ねたりもあるので、これが全ての企画展ではありません。詳しくは下記のオフィシャルページのアーカイブへどうぞ。)

ストロッツィ宮殿 外観

ストロッツィ宮殿の建築

ルネサンス建築の代表の一つ。1348年に流行した黒死病がなければ土地の占有は難しく、このように大きな建物を建てるのは不可能でした。ジョルジョ・ヴァザーリによると設計をしたのはベネデット・ダ・マイアーノ。

ストロッツィ宮殿 bellezza divina

Bellezza divina展   2015/9/24〜2016/1/24

『ゴッホ、シャガール、フォンターナの間の神的美展』 写真はシャガールの作品の一部、キリストの磔。Bellezza divina tra Van Gogh, Chagall e Fontana

ストロッツィ宮殿 Bill Viola展

BILL VIOLA展 2017/3/10〜2017/7/23

『ビル・ヴィオーラ展』映像作品の先駆者ビル・ヴィオーラの作品と、パオロ・ウッチェッロの大洪水(サンタ・マリア・ノヴェッラ教会より貸し出し)のコラボレーション。Bill Viola. Rinascimento elettronico

ストロッツィ宮殿 il cinquecento a firenze

 Il Cinquecento a Firenze展 2017/9/21/〜2018/1/21

『フィレンツェ1500年代展』マニエリスム、宗教革命、半宗教革命、プライベートの注文、公の注文作品、多角的にフィレンツェでの1500年代を捉え直します。Il Cinquecento a Firenze. Tra Michelangelo, Pontormo e Giambologna ブログ記事→ストロッツィ宮殿で今日から!: フィレンツェ1500年代展

ストロッツィ宮殿 中庭

Utopie Radicali展 2017/10/20〜2018/1/21

『根源的なユートピア展』ストロッツィ宮殿の中庭にも作品が展示されています。Utopie Radicali

nascita di una nazione 展

Nascita di una Nazione展 2018/3/16〜2018/7/22

『国家の誕生展』白い作品に統一された展示風景。Nascita di una Nazione. Tra Guttuso, Fontana e Schifano

The Florence Experiment 

The Florence Experiment展 2018/4/19〜2018/8/26

『ザ・フローレンス・エクスペリメント展』中庭に大きな滑り台が出現しました。アーティストCarsten Höller と科学者 Stefano Mancusoによるプロジェクト。The Florence Experiment

マリーナ・アブラモヴィッチ展

Marina Abramović展 2018/9/21〜2019/1/20

『マリーナ・アブラモヴィッチ展』Marina Abramović -The cleaner ブログ記事→マリーナ・アブラモヴィッチ展@ストロッツィ宮殿-フィレンツェ

ヴェッロッキオ展 レオナルド・ダ・ヴィンチ

VERROCCHIO -Il Maestro di Leonardo展 2019/3/9〜2019/7/14

『ヴェロッキオ - レオナルドのマエストロ展』この小さめのテラコッタ作品はレオナルド・ダ・ヴィンチの手によるものだと紹介されました。(諸説あります。展覧会オーガナイザーは肯定しています)VERROCCHIO Il maestro di Leonardo

トマス・サラセーノ展

Tomás Saraceno -Aria展 2020/2/22〜2020/7/19

『トマス・サラチェーノ展 エアー』不運にも展覧会が始まってすぐにロックダウンでクローズになってしまったので、6月1日の再オープンから会期は2020年11月1日までに延長になりました。Tomás Saraceno -Aria

マリネッラ・セナトーレ

MARINELLA SENATORE展 2020/12/3〜2021/2/7

『マリネッラ・セナトーレ展 We Rise by Ligting Others』ストロッツィ宮殿中庭に展示された光によるインスタレーションMarinella Senatore We rise by lifting others

JR

JR - La Ferita展 2021/3/19〜2021/8/29

『JR -傷- 展』JRはアーティストの名前です。決して電車ではありません。ストロッツィ宮殿の外壁に大きく空いた""、文化的な場へのアクセシビリティを考察する提案。JR La Ferita

アメリカンアート

AMERICAN ART  1961-2001展 2021/5/28〜2021/8/29

『アメリカンアート 1961-2001展』アメリカのウォーカーアートセンターのコレクションより、アンディー・ウォーホル、カラ・ウォーカーまで。53名のアーティストによる80作品が展示されました。 American Art 1961-2001

ジェフ・クーンズ

JEFF KOONS  Shine展 2021/10/2〜2022/1/30

『ジェフ・クーンズ Shine 展』ストロッツィ宮殿中庭の巨大作品"バルーンモンキー"も併せて、クーンズの初期の作品から最新のものまで一堂に会します。 JEFF KOONS SHINE

ストロッツィ宮殿 インフォメーション

所在地

Piazza degli Strozzi, Firenze

ストロッツィ宮殿 オフィシャルページ

-Palazzo Strozzi-