blogイベントフィレンツェ

マリーナ・アブラモヴィッチ展@ストロッツィ宮殿-フィレンツェ

マリーナ・アブラモヴィッチ 

 

現在フィレンツェのストロッツィ宮殿でマリーナ・アブラモヴィッチ展が開催中。

行って来ました。
事前チェックをしないで行ったので、最初からインパクト大。

 

-Imponderabilia

会場入り口はガラス戸になっているので、階段を上がりながらだんだん見えてくるののが、上の写真、男女二人がヌード。
遠くから、ハイパーリアルの人形だと思って近づくと、微動だにしない本物の人間!思わずキャプションで確認をしてしまいました。
これは、マリーナ・アブラモヴィッチと当時のパートナーUlyのパフォーマンスの再現、リパフォーマンス。
観客は彼らの狭い間を通り抜けて、先へ進んでいきます。
二人のヌードの間を通らなくても、脇からも抜けられるようにはなっています。せっかくですし、彼らの間を通り抜けさせていただきました。
不思議な疑問、いわゆる常識的な感覚と、これはアートであるという前提で通れる不思議、微動だにしないこの二人は人であって人でないような、なんだか色々な事が一気に押し寄せてくるような体験です。受け取り方は人それぞれですので、実際に展覧会に足を運んでみるといいと思います。
オリジナルのパフォーマンスは、1977年にボローニャの市立近代美術館で行われたものです。6時間続けられる予定だったのが、途中で警察に中止させられた経緯があります。
今回のリパフォーマンスは会期中ずっと、11:30〜19:30(木曜日は〜21:30)の時間で行われます。
写真撮影もパフォーマーを大切にしつつでしたらok。ビデオ撮影は禁止。

 

アーティストによるTEDのトークを発見しました。↓

 

今回の展覧会について、「最悪の作品を観て、最悪の気分で展覧会を後にした。」と言う友人もいますが、
アーティスト本人によるものではないリパフォーマンスとパフォーマンスの違いに「ん?」と思うところはあったとしても、個人的には素晴らしいと思います。
少し前に多摩美の学生が告発したアカデミックハラスメントの中で、女性が講師の側に非常に少ないのに改善を求めていたのについて、あまりピンと来なかったのが、アブラモヴィッチのような作品では女性性が非常に大切になるので、今更ながらああそうか、と思うところもあります。けど、タマビの場合はそれ以前の問題かも。
タマビ彫刻科の学生が要望書提出、元学生は思う。

 

展示作品よりいくつかご紹介。

Balkan Baroque
こちらの1997年にベネツィアビエンナーレに出品されたので知られているではないでしょうか。

マリーナ アブラモヴィッチ

 

-Cleaning the Mirror
こちらの作品も、リパフォーマンスがあります。
ずっと丁寧に骸骨を洗っていますが、汚い水で一向に綺麗にならずむしろ汚れていきます。

Cleaning the Mirror アブラモヴィッチ

 

-The House with the Ocean View
2002年のパフォーマンスでは、ニューヨークのギャラリーにてこの狭い3つの空間、しかもパブリックに開かれた場所で、マリーナ・アブラモヴィッチは12日間、食事は取らずに水だけで過ごしました。1日にシャワーを3回浴びる、靴は万里の長城を歩くパフォーマンスをした時のものを使うなど、いくつかの決まりがあります。
今回これも11月28日から12月9日までリパフォーマンスされます。

マリーナ・アブラモヴィッチ

 

などなど、リパフォーマンスには日程や時間がありますので、こちらのページをチェック。
Reperformances e opere partecipative
それと、18禁の部屋もありますのでご注意ください。
結構痛々しく、心をえぐられるような作品もあるので、子供にトラウマを与えないためにも大人だけで行ってください…。

 


マリーナ・アブラモヴィッチ展

会期: 2018年9月21日〜2019年1月20日

場所:ストロッツィ宮殿

この記事へのコメント

【コメントの投稿の仕方について】

   このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
  アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。(入力したアドレスはコメント投稿に表示されません。)