blogイベントフィレンツェ

蔡 國強展@ウフィツィ美術館 – あれ、北野武?

蔡 國強 ウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館では現在、蔡 國強(さい・こっきょう)の企画展が開催中。

展覧会開催直前にミケランジェロ広場から花火というか、火薬と煙のインスタレーションを披露した現代美術アーティストです。中華人民共和国出身、日本に滞在していた期間もあり、現在はアメリカ在住。

Cai Guo-Qiang ミケランジェロ広場

ミケランジェロ広場での花火の様子 La Repubblicaより

 

ガイドの仕事中は企画展まで入る余裕がないので、開催日からしばらく経ってからプライベートで観に行ってきました。

 

展示のテーマはFlora Commedia 植物喜劇、、と直訳していいものやら。ダンテの神曲はDivina Commediaだったりします。
2017年、芸術家がウフィツィ美術館、ピッティ宮殿、ボーボリ庭園、デッサン版画展示室を訪れたことに始まります。

 

鑑賞しつつ進むと、突然目に入ってきたのが、「北野武」の文字!!(一番上の写真)

漢字の意味とか北野武が誰か知らない鑑賞者は、完全に作品の模様の様なものの一部としてしか見ていないのでしょうけれども、これはどうしても目に入ってきます!

展示室にあった説明には何も「北野武」についての言及はなかったので、家に帰ってからネットで検索。
ここぞという検索結果は見つかりませんでしたが、どうもお二方の直接の交流があるみたいです。

参考記事→ REAL TOKYO 蔡国強からchim↑pomまで

全体はこういう作品。

蔡國強 ウフィツィ美術館

数年前に訪れたトスカーナの田舎の風景を見て制作した作品で「Il giardino della natura / Nature Garden」というタイトル。ひまわりの生と死を表しています。
ですが、ビートたけしとどういう繋がりがあるのかは、不明です。ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

 

その他の作品。

蔡 國強 ウフィツィ美術館

 

よく見ると、ボッティチェッリのヴィーナスの誕生が描かれているのが分かります。(上の作品)
ボッティチェッリの春の中から花の女神フローラ、なども。

 

蔡 國強 ウフィツィ美術館

 

これらの作品の制作風景のビデオも展示してあり、興味深かったです。
火薬を絵を描く様にキャンバスに乗せ、筆のように扱う火で点火してゆきます。
火薬は言うまでもなく中国文化を思い起こさせます。作品モチーフである西洋美術との交差がそこに生まれます。
作品の展示の仕方も、壁一面にいくつもの画布を並べるクアドレリーアと呼ばれる西洋の手法。

 

 

蔡 國強 ウフィツィ美術館

16世紀のマルカントーニオ・ライモンディによるエロティックな版画よりインスピレーションを受けた「I Modi」

 

 

Cai Guo-Qiang ウフィツィ美術館

2019年で没後500年になるレオナルド・ダ・ヴィンチにちなんだ「Study of Birds」

現在同じウフィツィ美術館では、鳥の飛ぶ軌跡やら水の流れ、測量の方法、天体についてなどを記したレスター手稿の特別展も開催中です。(レスター手稿展示スペースは地上階、ブックショップが並ぶ途中のマリャベーキの間。)

レオナルド・ダ・ヴィンチのレスター手稿がフィレンツェに帰ってくる!

 

 

そういえば、以前のブログでも蔡國強の作品を紹介していました。

蔡國強 チェントロ・ペッチ

→ 現代美術館チェントロ・ペッチ

作品の説明を簡単にはしているものの、作家名を書くのを忘れていたのに今になって気づきましたが、。

 

このウフィツィ美術館での企画展は、より大きなプロジェクトの一部で、2017年よりモスクワのプーシキン美術館より始まり、マドリッドのプラド美術館、次いでここウフィツィ美術館。その後2019年はナポリの考古学博物館、そして東洋にて終結します。

イタリアでは特に歴史的な美術作品が多いので、こういった現代美術作品が見られるのはいい刺激になると思います。
ウフィツィ美術館での1600年代までの作品を鑑賞後に、すっきりと気分転換もいいかもしれません。体力と時間が一番の問題ですけどね、。

 


展覧会: Flora Commedia. Cai Guo-Qiang

場所: フィレンツェ ウフィツィ美術館

会期:  2018年11月20日〜2019年2月17日

 

場所ですが、探すとどこにあるのか不明かもしれません。
素直に美術館の全ての順路をこなして常設展示が終わった後、階段を降りる前にあります。↓

蔡 國強 ウフィツィ美術館

ごめーん、職員さん。写っちゃった。知らない人には誰か特定できないからそのまま載せてしまえぃ!

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)