blogフィレンツェ

フィレンツェで最高な場所の一つ : ポルテ・サンテ墓地

投稿日: 更新日:2020-06-14
フィレンツェ サン・ミニアート・アル・モンテ教会より

写真を撮るのには軽くて小さいipodをずっと愛用していたのですが、あまり広角にならなくて教会の正面とかが全部画面に入らなかったり、暗い教会内で鮮明な写真が取れなかったり、、クリップ型のレンズをくっつけてがんばったりしてもやっぱり限界だったので小さめのミラーレスカメラを買いました。(日本から手荷物で持って来ていただいた友人に大感謝!)
さあ、まず初めに何を撮ろう? ・・・墓に決まってんじゃん!
という事で、墓好きな私は早速墓地に行ってきました。

参考:墓地ブログ記事 ↓

ジェノヴァ スタリェーノ墓地

 

ポルテ・サンテ墓地 Cimitero delle Porte sante

フィレンツェを小高い丘の上から見渡す事のできるミケランジェロ広場のすぐ後ろに、サン・ミニアート・アル・モンテ教会というところがあります。その裏っ手にあるのが、Cimitero delle Porte sante ポルテ・サンテ墓地、"聖なる扉"墓地、が意味です。教会の一番左の扉、聖年の聖なる金曜日にしか開かない扉が"聖なる扉"と呼ばれるところからきた名前です。この墓地にはフィレンツェのVIPが眠っております。

タイミング的に丁度この墓地のガイドツアーに参加したのが週初めで、お天気がよく気持ちが良かったので、カメラを持ってまた行ったのでした。まだ扱いが慣れず、不勉強でもあり、いい写真という訳ではないのはご愛嬌。ちなみに私もガイドですが詳しい人の話を聞くのが大好きなので、趣味でこういうツアーによく参加します。仕事でご案内する事はほぼないような場所でも、あっちとこっちが歴史的に繋がったり人物の系譜が繋がったり、面白いです。

糸杉と、墓場。

糸杉は、魂が上に登るという意味と、根っこが墓を壊さないというのと、土葬の臭い消しという意味もありました。昨年からだったか寄生虫が付いてしまってフィレンツェとその周辺の糸杉がかなり枯れてしまいました。不思議とここの糸杉は難を逃れました。すぐそばのミケランジェロ広場へと続く街道沿いの糸杉は全滅くらいにやられてしまったのに、本当に不思議。

ポルテ・サンテ墓地 サン・ミニアート・アル・モンテ教会

サン・ミニアート・アル・モンテ教会 墓地

財力のある家のお墓はこんなに立派。ローマのパンテオンを模した形や、ミニ教会みたいなの。

1900年代初頭あたりのセセッションスタイル

サン・ミニアート・アル・モンテ教会 ポルテ・サンテ墓地

ファンタッピエっていう建築家の作品だそうです。この建築家の名前は初めて聞きました。最後の"エ"にアクセントをつけて呼びます。もう1人好きな建築家のコッペデと同様のアクセント。密かにうれしいです。ローマ コッペデ地区/フィレンツェも

アールヌーヴォー(リバティースタイルとも)はフィレンツェの街中にもちらほらありますが、こういう純粋なセセッションがこんなところにあったんですね。

ピノッキオの著者 カルロ・コッローディ(ロレンツィーニ)の墓

ポルテ・サンテ墓地 カルロ・コッローディの墓 ピノッキオ

Cappella Lorenziniと書いてあります。ここにある中では割とシンプル。目立たないので知らないと前を通り過ぎてしまうかもしれません。場所の説明がしにくいので、奥にある、とだけ言っておきます。すみません。
カルロ・コッローディというのはペンネームで、ロレンツィーニが父方の苗字。母親のアンジョリーナの父がコッローディ(地名)近くの農園で仕事をしていたことに由来します。

こういう細部もいいですね。

サン・ミニアート・アル・モンテ教会 墓

サン・ミニアート・アル・モンテ教会 墓

天に近い存在なのか...?

サン・ミニアート・アル・モンテ教会 墓

扉の前に立ち塞がっている方もいらっしゃいます。

サン・ミニアート・アル・モンテ教会 墓

先に亡くなった姉エンマに会えた...という彫刻。なんとも悲しい。

サン・ミニアート・アル・モンテ教会 墓

墓地から出ると、サン・ミニアート・アル・モンテ教会の正面なのですが、そこからの景色もいいです。

フィレンツェ サン・ミニアート・アル・モンテ教会より

・・・家でも試し撮り。

うさぎ

新しい家族Pandy。
うちの子がお誕生日プレゼントにとねだって、沢山いたうさぎの中から自分で選んで連れて来ました。自分と似た子を選んでしまったらしく、行動がよく似ています。よく食べ、よく寝て、マイペース。なついているような、野生なような。

ミケランジェロ広場とその周辺 Piazzale Michelangelo