blogフィレンツェ

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 – フレスコ画が出て来た!

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 出て来たフレスコ画

Facebook Pageでお知らせしていました、

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会での新発見のフレスコ画の初お披露目

今まで逃していたので、ちゃんと予約を取って先週の土曜日の紹介ツアーに参加してきました。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 Basilica di Santa Maria Novellaにはそれはもう沢山の美術品があるのですが、まだまだ隠れているものもありまして、その一部を現在限定的に見ることができます。

この教会、アルベルティ設計のルネサンス様式ファサードがまず有名です。現在の建物はフィレンツェで初のゴシック様式の教会で、1279年からのものになります。それから年代を追っていろいろ変化があるわけですが、その中でも一番大きな変化は1500年代中頃のトレントの公会議による反宗教改革の決定にしたがった改築です。

トラメッゾ、もしくはイコノースタジ(イコノスタシス)と呼ばれる教会の身廊を二つに分けていた壁がまず取り払われます。聖職者と信者の隔たりをなくす為です。この教会に限らず、どこの教会にも存在したトラメッゾをことごとく破壊してしまい、このあたりで唯一残っているのは、Badia a Passignano バディーア・ア・パッシンニャーノの木製のものです。

このサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の改築をコジモ一世の命により実行したのがジョルジョ・ヴァザーリ。この人は、自分より前の時代の人の作品(彼の主観によるもので、全部ではありませんが、)を評価し、なるべく保存する事を考えます。

ヴェッキオ宮殿の500人の間の壁にもともと描かれていたレオナルド・ダ・ヴィンチのアンギアーリの戦いの図も、おそらくこのヴァザーリによって保存されたのではないかという事で、ちょっと前に3つ壁に穴を開けて調査が行われたのも、記憶に新しい話です。

そして、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会においても、マザッチョの三位一体図を新しく付け加えた助祭壇の後ろに破壊せずに保存していた為に、現在でもそのその絵を観賞する事ができます。

 

マザッチョ 三位一体

 

 

ここまでは、よく知られた話なのですが、最近の発見は、そのほかの助祭壇の後ろからもフレスコ画が出て来たということです。発見といいいますが、その存在は文献により知られていましたし、一部は1800年代にも発見されていましたが、今回はもっと多くの部分がしっくいの裏から出て来て、それを見る事ができるようになったのです。

 

それが、これ、

フレスコ画出現!

 

ブルーノ 裏からでてきた

 

こんな感じで、可動式になった通常の祭壇画の裏から、フレスコ画が出現。係りの人が開けてくれます。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ ブルーノ 

 

これは、 Bruno di Giovanni ブルーノ・ディ・ジョヴァンニというフィレンツェの芸術家の作品。1330年 ca.

左から、聖バルバラ、アレッサンドリアの聖カテリーナ、聖ジョルジョ。この一番右の聖ジョルジョなんですが、一瞬贅沢な服装から聖ジュリアーノかなと思ってしまいます。あまりない表現ですが、これもありで聖ジョルジョなんだそうです。

私の中では、聖ジョルジョと言えば↓

 

聖ジョルジョさん

 

 

石膏デッサンには欠かせない、彼。ドナテッロの作品で、国立バルジェッロ美術館 Museo Nazionale del Bargelloにおいでです。これを条件反射で思い出すのは美術系出身者の性です。

↓非常になつかしい石膏デッサンの数々、検索してしまいました。

https://matome.naver.jp/odai/2145743081545306601

 

話はもどって、先程のブルーノのフレスコ画。よく見ると、それぞれの人物の後ろに誰かいます。うっすらと頭の上に見える色の薄い部分です。

背後霊とかに祟られている訳ではありませんよ、みなさん聖人ですし。

面白い事に、全く同じ聖人を一度描いた後に同じ芸術家が十年経ってから書き直したものだそうです。

 

同じくそのブルーノの作品がもう一つあります。↓

 

サンタ・マリア・ノヴェッラ ブルーノ 戦いの図

 

現在は傷みなどもありこの姿ですが、もともとは本物の金属のプレートを蹄や甲冑に貼り付けてあったりして、かなり印象の違うものだったはずです。キリスト教徒同士の戦いになってしまったのを止めるローマ軍の騎士の姿が左にあります。

 

 

 

 

↑こちらは、Francesco Botticini フランチェスコ・ボッティチーニ。

エンポリにある絵画が一番知られているこの画家、ボッティチェッリではありません、ボッティチーニです。彼のフレスコ画は今まで存在しないかと思われていたのですが、ここにありました!という結構重要な発見です。

左から、聖ロッコ、大天使ラッファエーレとトビオーロ、聖アゴスティーノ。

足に傷があって、巡礼の杖を持つのが聖ロッコで分かりやすいのです。しかし不思議な事に、頭に聖ステファノばりの石を乗っけています。背景に岩があるので混ざってしまっているという状況ではなく、金箔の後輪の中にしっかりとその石がくっついているので、明らかに意図のある描き方です。研究中だそうです。

この作品には金箔をふんだんに使っていたのが今は大部分が取れてしまっています。でも、色合いがAlesso Baldovinettiにちょっと感じが似ていたり、個人的には好きです。

ひたすらローカルなネタを突っ込みますと、上のフレスコ画の中の額縁みたいな枠装飾は現在サンタ・トリニタ教会にあるルーカ・デッラ・ロッビアによるベノッツォ・フェデリーギの墓の枠装飾に似ています。もともとはサン・パンクラツィオ教会というサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の近くの教会にあったもので、影響を受けたのは間違いないとの事。

影響を受けた墓はこれです。↓

サンタ・トリニタ教会  フェデリーギ

 

若干「そうかな?」っていう気もしますが、個人的に好きな墓なのでOkと言ってしまいます。デッラ・ロッビアの作品はかなり人によって好き嫌いがはっきりする事が多いですが、これは近くで見ると素直にいいですよ。このタイルうちに欲しいなー。

 

あと、1800年代に発見されて壁から剥がされていたこちらのフレスコ画も合わせて観賞できます。

 

聖トンマーソ

 

↑これは、1300年代半ばに描かれたStefano di Ricco detto Stefano fiorentino ステーファノ・フィオレンティーノの作品。

非常に興味深いのは、中の壁龕から右足を一歩踏み出し、右手も外に出ているというルネサンス的空間表現。時代を先取りしてます。マザッチョが三位一体で遠近法を使い、聖なる空間を奥に、俗世を手前に分けた絵を描くのに、確実に影響を与えている作品です。絵の中での空間イリュージョン。

 

 

聖ベネデット

 

↑こちらは、Nardo di Cione ナルド・ディ・チョーネによる聖ベネデット(ベネディクト)です。

その裾絵の部分に注目が集まっています。

聖ベネデットのお話が描かれているのですが、話の順番的に右から左へ進みます。通常は左から右。

この作品の周り、つまり教会全体にはこの物語がずらーっと並んでいたはずです。左身廊にあったこの作品は物語の最初の方。その時代、かなり今とは違った教会の内部の様だったでしょう。ヴァザーリの助祭壇は一つもなくて、トラメッゾがあって、壁は一面フレスコ画で埋め尽くされ、この裾絵が帯のように教会内を巡る、、、。

なぜ、この並びなのか、他にどんな作品があったのか、など、まだ漆喰に隠れて分かっていないところも多いそうです。調べればいいじゃないかと思ってしまいますが、現実は許可の問題、現在の姿の保存、いろいろあって、なかなかすぐには進みません。将来的に新しい事が分かればうれしいですよね。

 

このお披露目ですが、今のところ、入館無料の第一日曜日とその2日前の金土、一月に3日間に限られます。教会主催のガイドツアーは英語とイタリア語で開催されています。

私が日本語でご案内するツアーも受け付けています。↓大仰なタイトルのツアー名ですが、どんなリクエストにもお応えします!っていう何でもありツアーです。

|| プライベート オーダーメイドツアー ||

 

 

 

この記事へのコメント

【コメントの投稿の仕方について】

   このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
  アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。(入力したアドレスはコメント投稿に表示されません。)