blogフィレンツェ

必然的に穴場 : ヴィッラ・バルディーニ

ヴィッラ・バルディーニ アンニゴーニ

昨日の事ですが、サンタ・クローチェ地区で用事を済ませた後、ふとバルディーニ美術館に行こうと思い立ちました。

6月10日よりバルディーニ美術館で、Glenn Brownのの展覧会が開催中です。

古物商だったバルディーニなだけに、貴重な歴史あるコレクション。その中に、現代美術作品が展示されるというものです。

が、閉館日でした。。。水曜日っていう事を忘れてました。(月、金、土、日の11:00-17:00 詳しくはこちら。)

 

 

そのまま帰るのもさみしいので、その裏、Via de’Bardiからバルディーニ庭園に入り、そこからヴィッラ・バルディーニに行く事にしました。

どこもバルディーニって名前が付いてますが、バルディーニ美術館は特に場所が違いますので訪れる方は混同しないようにお気をつけください。バルディーニ庭園の中にヴィッラ・バルディーニがあります。チケットは3つの場所全部別です。

 

このヴィッラ・バルディーニ、ずーっと前に訪れて以来です。というのも、行くのが面倒!

Via de’Bardi側のバルディーニ庭園入り口から入り、庭園内の坂道を登る方法と、Costa S.Giorgio側のヴィッラ・バルディーニへの直接の入り口へ向かうか、どちらにしても、登り道。

その周辺によく行くお店がある訳でもないし、通り道にも使わないので、「たまには寄ろうかなー」という場所でもなく、必然的に穴場スポット。観光ハイシーズンでもあまり人がいない静かな場所です。

画家アンニゴーニのコレクションがありますが、ちょっとマニアックです。

 

 

 

そんな訳で、久しぶりにバルディーニ美術館に肩透かしを食らったおかげで訪れました、ヴィッラ・バルディーニ。最高です。

 

入館者しか楽しめない、小さなテラスからの景色。

 

 

ヴィッラ・バルディーニ テラス

 

 

バルディーニ庭園には人が沢山いるのに、ここではこの景色を独り占め。

 

 

 

そして、なにより、

 

 

ヴィッラ・バルディーニ  アンニゴーニ

 

 

廊下の奥に、視線を感じて、誘われるがままに行くと、この絵が出迎えてくれます。

“Cinciarda” 1945年

モデルになったのは、当時フィレンツェのVia dei Serviにあった食堂で何度か目にしていた、擦り切れた服を纏った貧しい酔っ払い。チンチャルダというのはあだ名です。

 

 

 

 

その反対側には大きな作品の部屋。

 

 

ヴィッラ・バルディーニ solitudine III

 

 

“Solitudine III” 1973年 ”孤独 3”

 

 

 

 

窓からの風景もいい感じ。

 

 

ヴィッラ・バルディーニ 窓

 

 

とても静かで、こんないいところです。素敵な作品も沢山あるし。できることなら、ここはこのままあまり知られていないで欲しい。

特別展で、黒をテーマにした現代美術作品も展示されたりしていました。

 

 

 

最後に、コラチッキの作品。

 

 

ヴィッラ・バルディーニ コラチッキ

 

 

“La resurrezione della carne” 肉体の復活

美しい日の光を受ける人々。

 

 

ふと、最後の審判で復活してくる人たちを思い出しました。

オルヴィエートのルーカ・シニョレッリの作品。

 

 

シニョレッリ

 

 

 

地から復活しているようなので、この作品を思い出しましたが、こちらはおどろおどろしいです。

コラチッキの方は軽やかです。テーマは最後の審判でもないのですが、こういったキリスト教絵画の伝統を意識的に無意識的に受け継ぐのが西洋絵画でもあり、。(この連想は個人的なものですので、解説ではありません。)

 

 

 

さてさて、バルディーニ庭園にも久しぶりに行きました。結局私はバルディーニ庭園の坂道を上がってきたのでした。その時の写真です。

 

 

 

バルディーニ庭園 藤棚

 

 

 

この藤棚、毎年花の開花時期を逃してしまい、一度として花のトンネルをくぐった事がありません。でも、緑も美しいですよね。

 

 

 

 

写真的には、青空だった方が映えますが、歩く人にとっては幸運な事に曇り空。

 

 

 

バルディーニ庭園 パノラマ

 

 

 

ここから下を見下ろすと、

 

 

 

バルディーニ庭園 

 

 

 

段々畑。

じゃないです。

バロック様式の庭です。

 

頂上にロッジャがあって、その屋根の下で優雅に飲み物をいただいたりできます。

上の写真の左はじあたりにあるベンチとかも空いていれば、夏の心地よい風に吹かれながら休憩ができます。

 

 

 

バルディーニ庭園と、ボーボリ庭園のチケットは共通です。そのまま来た道を下るよりも、と、ボーボリ側に回って家路につきました。

その途中、Forte Belvedereの前を通過。Ytalia展開催中。今日のところはヴィッラ・バルディーニで満腹だったので、通り過ぎました。

 

ボーボリ庭園を下って、下って、、、

最後のネズミ捕りに捕まりました。

ブックショック!!

また、読みきれない書籍購入。。。

 

嗚呼

 

 

 

 

 

 

 

【この記事へのコメント】

 ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、自分のプロフィールでコメントすることが出来ます。
 アカウントもない人もメールアドレスを入力すればコメントできます。
(入力したアドレスはコメント投稿に表示されず、管理人にも通知されません。)