小さな教会…色々  Chiese Oratori Cappelle…

フィレンツェの街の中には少し歩くと教会、もう少し歩くと教会、その横にも、といった具合に沢山の教会があります。

名の知られた観光名所ではなくても貴重な作品がひっそりと隠れていたり、そんな教会を探し歩くのも楽しみの一つです。

なるべく新しい情報を載せるようにしていますが、訪れる際は事前に一般公開時間をオフィシャルサイト等でご確認ください。宗教行事(地元の人の冠婚葬祭やミサ)で予告なく閉まっている事もあります。
非公開の礼拝堂などを頼んで開けてもらう場合は喜捨をおすすめしますが
、このページの教会はどこも無料で入れます。

場所が分かりにくい所もあるので、ページ下に地図を載せました。ご参考にどうぞ。
もっともここに載せているのは大きくはありませんがほどほどの大きさの教会で、更に沢山の小さな教会がありますので、是非他も探してみてください!

オルサンミケーレ教会

フィレンツェの宗教の中心部ドゥオーモと、政治の中心部ヴェッキオ宮殿の間に位置する、様々なギルドの聖人を祀った商いの教会です。もともとは小さな畑と祈祷所のあったところで、その名残をOrto(オルト-畑)San Michele (聖ミケーレ)を合わせたオルサンミケーレという現在も使われる教会の名前に残します。

内部には、オルカーニャによるチボーリオと呼ばれる見事な大理石でできた祭壇があります。穀物倉庫であった時代の跡も見る事ができます。

外壁をぐるっと囲む彫刻作品は現在はコピーに置き換えられており、オリジナルは教会内左の階段から上がった2階に展示されています。(教会は毎日開いていますが、上階の公開日は下のリンクより要確認。)

オフィシャルページ -Orsanmichele-

(リニューアルして国立バルジェッロ美術館メディチ家礼拝堂、マルテッリ邸、ダヴァンツァーティ邸、と一緒のページになりました。

教会外観

教会外観。一番左はドナテッロ聖ジョルジョ。日本でも胸までの部分が石膏像として普及し親しまれています。ちょうどこの裏に上の階への階段があるので、壁龕が浅くなっているものの、遠近法をうまく使い奥行きを出しています。オリジナルの彫刻は国立バルジェッロ美術館にあります。左から2番目はロレンツォ・ギベルティ聖マタイ

ドナテッロ

ドナテッロによる聖マルコ。あまり注目されることはありませんが、これが美術史上初のルネサンス彫刻です。教会美術館に展示してあるオリジナル作品です。

オルカーニャ チボーリオ

教会内部、アンドレア・ディ・チョーネ、オルカーニャによるチボーリオ。ゴシックの傑作。サンタ・クローチェ教会のニコラ・マタス設計のファサードに影響を与えたと言われます。

ナンニ・ディ・バンコ

ナンニ・ディ・バンコ四人の戴冠聖人 (Quattro santi coronati)の一部。ドナテッロよりも少しだけ年長の彼は、もし長生きしていたならばルネサンス時代を切り開いていたことでしょう。後期ゴシックの様式を残しますが、動きのあるスタイルで、大聖堂のアーモンドの門にレリーフや、大聖堂美術館にある旧ファサードを飾る彫刻を手がけます。フィレンツェ大聖堂(ドゥオーモ)

教会内部

教会内部。柱には外壁に守護聖人を祀る財力のなかったギルドの装飾画が見られます。

ヴェロッキオ

アンドレア・デル・ヴェッロッキオ聖トマスの不信。教会美術館の展示では裏側に回り込んで見ることができます。一回の鋳造で制作したことが分かります。鑑賞者に見せる為に作っている部分ではないので、舞台の裏側をのぞくような面白さがあります。

バディーア・フィオレンティイーナ

ルッカが首都でフィレンツェがまだ辺境であった時代、Willa di Toscana ヴィッラ・ディ・トスカーナが978年にこの土地を買い、教会の建設が始まります。それをきっかけにフィレンツェの街がルッカを追い越して発展してゆく重要なきっかけとなった場所です。彼女の息子でトスカーナ公であったUgo di Toscana ウーゴ・ディ・トスカーナの墓(モニュメントは、ルネサンス時代にミーノ・ダ・フィエーゾレが手がけました。)もここにあります。フィリッピーノ・リッピの代表作の一つも教会内部に入ってすぐ左手にあります。

最近はダン・ブラウン著インフェルノの物語がここから始まる事で知られるようになった教会です。

オフィシャルサイト Badia fiorentina 

内部天井

教会内部の天井。木製のレリーフで装飾されています。下に見えるのはウーゴ・ディ・トスカーナの紋章。フィレンツェの白と赤の紋章の元の一つとなっています。

オレンジの中庭

オレンジの中庭(Chiostro degli Aranci)。月曜のみ一般公開されています(要確認)。ベルナルド・ロッセッリーノが15世紀前半に設計しました。

鐘楼

特徴的な6角形の鐘楼。1307年に修道士たちが市税を払わなかった罰として壊されますが、1330年に再建。現在高さは約70メートルあります。

ブロンズィーノ

オレンジの中庭にあるアーニョロ・ブロンズィーノのフレスコ画。聖ベネディクトの物語の一部です。

ミーノ・ダ・フィエーゾレ

ミーノ・ダ・フィエーゾレ作、祭壇装飾のレリーフ、ドッサーレ。

パンドルフィーニ家の紋章

パンドルフィーニ礼拝堂内部の床にある、パンドルフィーニ家の紋章。その苗字を物語るこの図像、あまりイルカ(デルフィーニ)には見えませんが、。

サンタ・マリア・マッダレーナ・デイ・パッツィ教会

13世紀にベネディクト会の教会として建てられ、その派生であるシトー会の教会でしたが、17世紀にサン・フレディアーノ・イン・チェステッロ教会と交換し、カルメル会の修道女たちが福者マリア・マッダレーナ・デ・パッツィの亡骸と共にやってきます。その彼女の名前をいただいた教会です。

ペルジーノによる磔刑図は現在高校の校舎の一部となっており、コロンナ通りから入ります。

ペルジーノ磔刑図 オフィシャルページ Firenze - Sala del Perugino

サンタ・マリア・マッダレーナ・デイ・パッツィ教会 中庭

ルネサンス様式の中庭。ジュリアーノ・ダ・サンガッロ設計。ボルゴ・ピンティ通りから入るとまずこの中庭が見えます。フォーシーズンズホテルのある通りです。

コジモ・ロッセッリ

コジモ・ロッセッリによる聖母戴冠式。もともとジリョ礼拝堂にあったものが、ポッチェッティのフレスコ画が施された折に教会内へ移動しました。

マッテーオ・ロッセッリ 細部

マッテオ・ロッセッリ聖母戴冠式、その細部。この祭壇画の前にはアンドレア・デル・サルトの大理石象嵌の床装飾があります。

ペルジーノ

ペルジーノによる磔刑図、3つ並んだ内の真ん中の図。入り口は教会側ではなく、コロンナ通りにあるミケランジェロ高校からです。

ポッチェッティ

一般公開はされていませんが、教会入ってすぐ右にあるジリョ礼拝堂。年に二度の特別な行事を除いて教会に入ることの許されなかった女性たちの祈りの場です。16世紀終わりにベルナルド・ポッチェッティが壁と天井に絵を描きます。

サンタ・フェリチタ教会

ヴェッキオ橋のすぐ近く、アルノ側左岸にある小さな教会。この教会の中もヴァザーリの回廊は通っています。教会に入ってすぐ右にあるカッポーニ礼拝堂には、ポントルモの代表作"十字架降架"(実際ののテーマは天使たちの贈り物、キリストの肉としてのパン)、ブロンズィーノとの共作の福音記者の図などがあります。

サンタ・フェリチタ教会 内部

サンタ・フェリチタ教会内部。

聖職者評議会の間

決められた曜日にのみボランティアの方が入れてくれる聖職者評議会の間、カピトラーレ。14世紀と17世紀の絵画が不思議な同居をしています。ニッコロ・ディ・ピエトロ・ジェリーニと、コジモ・ウリヴェッリ

サンタ・フェリチタ教会 ポントルモ

カッポーニ礼拝堂。ポントルモの代表作。

アントニオ・チーゼリ

アントニオ・チーゼリの名画、聖フェリチタとマッカベイ達の殉教。19世紀の作品です。

サンタンブロージョ教会

街の東に位置するこの教会は393年の聖アンブロジウス(聖アンブロージョ)がフィレンツェ訪問の際に滞在した場所と言われています。1230年、儀式を終えてちゃんと閉じたはずの杯の中に、翌朝になったら血液が入っていたという奇跡があり、信仰の対象になりました。そのため"秘跡の奇跡の祭壇"が主祭壇の左にあり、15世紀になってからミーノ・ダ・フィエーゾレ、コジモ・ロッセッリが装飾を施しました。そのほかにも、この教会には現在ウフィツィ美術館に展示されているフィリッポ・リッピの聖母戴冠式、マザッチョとマゾリーノ共作の聖アンナ・メッテルツァ、ボッティチェッリのサンタンブロージョの祭壇画がありました。

サンタンブロージョ教会 ファサード

サンタンブロージョ教会の現在のファサード。近くにサンタンブロージョ市場がある事でも市民にとって馴染み深い名前です。

イル・クローナカの墓

シモーネ・デル・ポッライオーロ(あだ名がイル・クローナカ)の墓。他に、ミーノ・ダ・フィエーゾレ、アンドレア・デル・ヴェッロッキオ、フランチェスコ・グラナッチなどの墓があります。

コジモ・ロッセッリ フレスコ画

コジモ・ロッセッリのフレスコ画。秘跡の奇跡の祭壇の左の壁に描かれています。左身廊にはシノーピア(下絵)も保存展示されています。

ミーノ・ダ・フィエーゾレ

ミーノ・ダ・フィエーゾレ作、小壁龕タベルナーコロ。その周りのフレスコ画はコジモ・ロッセッリ

サンティ・アポストリ教会

ヴェッキオ橋からすぐのところに、ひっそりと佇む教会がここ、サンティ・アポストリ教会。リンボ小広場という場所にあります。リンボとは辺獄の事で、洗礼を受けずに亡くなった子供達やキリスト以前の旧約聖書の人たちがいる場所。天国と地獄、その間にあり、ダンテ・アリギエーリが神曲で著しました。ここには以前、子供達の墓地でした。歴史は古く9世紀に始まるロマネスク様式の教会です。

関連記事 サンティ・アポストリ教会の中が明るかった

サンティ・アポストリ教会

サンティ・アポストリ教会の正面側。前の小さな空間がリンボ広場。ボルゴ・サンティ・アポストリ通りに面しています。この通りにはジュエリー店や雑貨屋さん、羊毛の服屋さんなどが並び、そこを抜けるとサンタ・トリニタ教会とフェラガモ本店のあるトルナブオーニ通りに出ます。このすぐ裏はアルノ川。

アンドレア・デッラ・ロッビア

アンドレア・デッラ・ロッビアの釉薬で焼いたテラコッタ。

ベネデット・ダ・ロヴェッツァーノ

ベネデット・ダ・ロヴェッツァーノによる棺。細部まで作り込まれています。かれは教会正面の扉の枠の装飾も担当しています。

サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会

宗教行事の為に入れる時間帯が限られているので、短い滞在だと見学のタイミングが難しいかもしれませんが、内部には貴重な作品が沢山あります。同じ名前のサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場に面しています。広場には、最近リニューアルオープンしたインノチェンティ美術館(子捨て養育院付属美術館)と、フィレンツェ考古学博物館があります。

内部天井

教会内部。

ブロンズィーノ

主祭壇の裏側には、左翼廊にある扉をくぐって入って行けます。そこにある祭壇の一つにブロンズィーノの板絵、キリストの復活があります。

テンピエット

入り口を入ってすぐ左にあるテンピエットと呼ばれる小さな神殿の形をした礼拝堂。ミケロッツォの設計。壁にはアケローピタと呼ばれる人の手によるものではない奇跡のマリアの姿があり、信仰の対象になっています。

ポントルモ 聖ルーカの礼拝堂

サン・ルーカの礼拝堂と呼ばれる芸術家たちの礼拝堂。これはポントルモのフレスコ画、内部を飾ります。彼もこの礼拝堂に眠ります。

ペルジーノ

ピエトロ・ペルジーノ聖母被昇天アカデミア美術館にあるフィリッピーノリッピの十字架降架と表裏をなして主祭壇を飾っていました。現在は左身廊にあります。

サン・ガエターノ教会

正式名称はサンティ・ミケーレ・エ・ガエターノ教会。一般的にサン・ガエターノ教会と呼ばれます。バロック時代の作品が好きな人には見逃せない教会です。フィレンツェに残った唯一の壁装飾の布製パネルがまだ使われている教会です。

小さな教会 サン・ガエターノ教会

ブランド店がならぶトルナブオーニ通り、大聖堂よりに位置します。アルノ川方面へこの道を行くとサンタ・トリニタ教会に行き着きます。ゲラルド・シルバーニ設計のフィレンツェバロック様式ファサードです。

聖エレナの礼拝堂 ヴィンニャーリ

聖エレナ、もしくは聖十字架の礼拝堂ヤコポ・ヴィンニャーリの手による天井画。彼はこの礼拝堂で他にも祭壇画中央、左、半月型の板絵二枚も描きます。中央の祭壇画は現在、同じ教会内のトルナクインチ(トルナブオーニ)礼拝堂に移動しています。

さん・ガエターノ教会内部

サン・ガエターノ教会内部。1600年代に制作された多くの彫刻が壁を飾ります。天井にあるのは枢機卿カルロ・デ・メディチの紋章

ヤコポ・ヴィンニャーリ 聖ミケーレ

ヤコポ・ヴィンニャーリの代表作、聖ミケーレの煉獄の魂の救済。もともとは聖十字架礼拝堂に他の作品と共に飾られていました。現在はトルナクインチ礼拝堂(左身廊手前)にあります。

ピエトロ・ダ・コルトーナ

ピエトロ・ダ・コルトーナ聖ロレンツォの殉教。巨匠の作品がこんな場所にあります。(左身廊)